インテージHD(4326)の中間決算は前年比で売上が伸長、経常利益は持分法適用会­社の利益良化が貢献

2015/12/10


btn03_hvdbtn01_hvdbtn02_hvd

説明会開催日:2015年11月18日
代表取締役社長員 宮首 賢治氏

 

◎決算サマリー
・売上は前年同期比5.2%増の203.4億円、営業利益は0.1%増の13.1億円
・前年比では売上高が伸長、経常利益は持分法適用会社の利益良化が貢献
・最終利益は前年に特別利益を計上したため減益、予想比は売上高のみ若干の未達

 

◎セグメント別状況
▽マーケティング支援(消費財・サービス)
・売上は対話型プロモーションやi-SSP などのコミュニケーション分野とインターネット調査が好調
・営業利益はコミュニケーション分野や次世代小売店パネルへの開発投資費用が発生、C­R-webもパネルに比べると利益率が低く利益をやや押し下げ
▽マーケティング支援(ヘルスケア)
・売上は昨年6月のアスクレップにおける一部事業譲渡(モニタリング)の減少をCRO­(EDC)やCR-webがカバーし、微減で着地
・営業利益はEDCやCR-webの好調が利益にもプラスに働いたほか、事業 譲渡や構造改革に伴う業務の効率化により大幅改善
▽ビジネスインテリジェンス
・売上は堅調だが、前年同期の大型案件(卸・旅行分野の基幹系システムリプレース)の­反動により微減
・営業利益は前年同期の大型案件が好採算だったため大幅減益

 

◎2016年3月期通期見通し・利益配分
・売上は前期比4.7%増の460億円、営業利益は6.4%増の38億円
・1株当たり期末配当金は前期比2.5円増の32.5円(配当性向27.2%)を予想

 

◎2016年3月期インテージグループ事業計画
▽グループ基本方針
リノベーション&イノベーションの更なる加速
▽戦略ポイント
・新セグメントの導入
・グループフォーメーションの再編
・グループ成長実現のための戦略的投資
・海外事業トータルでの黒字化、ガバナンス強化
・コミュニケーション事業の着実な成長

 


株式会社i‐Cue(アイキュー)
決算中継「社長のビジョン」   株式会社i‐Cue(アイキュー)
上場会社が投資家向けに実施する会社説明会。ほとんどの会社では、トップの社長から、直接成長ストーリーや将来ビジョンについての説明を聞くことができます。個人投資家にとって、投資判断を左右する情報を読み取れる欠かせない機会となっています。
【各企業の動画一覧ページはこちら】
免責事項
当社の将来についての計画、戦略及び業績に関する予想と見通しの記述が含まれています。これらの情報は現在入手可能な情報による判断及び仮定に基づき算出しており、今後の事業内容等の変化により実際の業績等が予想と大きく異なる可能性がございます。
運営会社:株式会社i‐Cue(アイキュー)
Copyright 2015 i‐Cue Inc.All Rights Reserved.