森トラスト総合リート投資法人(8961):堀野郷 森トラストAM社長 第27期分配金は前期実績比+609円、当初予想比+730円の4,530円。資産規模を維持しながら、ポートフォリオの質的向上を実現。

2015/12/09



btn03_hvdbtn01_hvdbtn02_hvd

説明会開催日:2015年11月16日
代表取締役社長 堀野 郷氏

森トラスト総合リート投資法人が11月13日に発表した第27期(2015年9月期)決算は、物件譲渡価格が想定を上回った為、1口当たり分配金は当初予想比730円増となる4,530円となった。

 

2014年5月公表の中期的方針に基づき、第26期~第27期にかけて譲渡益を確保し、主要テナントの退去に伴い収益減少が見込まれていた課題3物件(三⽥MTビル、銀座MTRビル、⼤阪丸紅ビル)を譲渡。並行して代替2物件(紀尾井町ビル、御堂筋MTRビル)を取得する資産入替を実施。ポートフォリオの質的向上を実現し、82億円(第25期末)の含み損から129億円(第27期末)の含み益となった。

 

主要テナントが退去した紀尾井町ビルのリーシングについてはマーケットの状況を見ながら柔軟に対応。また、ビルとしての競争力を高めるべく、共用部リニューアル工事を実施。契約締結済ベースでは、ビル全体の稼働率は64.4%まで改善する見込み。当初想定通り、一時的な減収分の一部については総額13.8億円の内部留保を活用して、分配金の安定化を目指す方針。今後の分配金予想としては、第28期:3,500円(内部留保取り崩し3.5億円含む)、第29期:3,520円(内部留保取り崩し3.2億円含む)。

株式会社i‐Cue(アイキュー)
決算中継「社長のビジョン」   株式会社i‐Cue(アイキュー)
上場会社が投資家向けに実施する会社説明会。ほとんどの会社では、トップの社長から、直接成長ストーリーや将来ビジョンについての説明を聞くことができます。個人投資家にとって、投資判断を左右する情報を読み取れる欠かせない機会となっています。
【各企業の動画一覧ページはこちら】
免責事項
当社の将来についての計画、戦略及び業績に関する予想と見通しの記述が含まれています。これらの情報は現在入手可能な情報による判断及び仮定に基づき算出しており、今後の事業内容等の変化により実際の業績等が予想と大きく異なる可能性がございます。
運営会社:株式会社i‐Cue(アイキュー)
Copyright 2015 i‐Cue Inc.All Rights Reserved.