MS&ADホールディングス(8725)の通期決算は3期連続の最高益更新

2015/07/09



btn03_hvdbtn01_hvdbtn02_hvd

説明会開催日:2015年5月28日
代表取締役 柄澤 康喜氏

◎2014年度通期業績
・修正予想をさらに超過達成し、3年連続増益(過去最高益)
・保険引受が黒字化した国内損保をはじめ、各事業セグメントで収益構造が確立し、増収増益を継続できる態勢が整った

◎成長と効率化の同時実現
・成長と効率化の同時実現に向けて、機能別再編は順調に推移
(2014年度MS・AD2社計元受正味増収率3.1%、2011年度対比累計効率化効果310億円到達、強みを活かす取組みで収益拡大と品質向上を実現)

◎経営数値の見通しを引き上げ
・収益構造の確立と環境変化を考慮し、中期経営計画最終年度(2017年度)の見通しを引き上げ
(連結正味収入保険料:32,000億円以上、グループコア利益:2,000億円以上)

◎収益力強化に向けた取組み
・更なる競争力強化のために事業費率低減に取り組む(2017年度の事業費率は31%台半ば、コンバインドレシオは業界優位となる95%以下を指向)

◎企業価値創造を支える仕組みの強化
・ERM経営の推進
①ROR・VAのモニタリングと資本配賦により資本効率を向上
②政策株式の売却を前倒しで取り組み
・コーポレートガバナンス体制の強化
①独立社外取締役を1/3
②ガバナンス委員会の新設
③役員報酬にストックオプション制度を導入
④取締役・監査役候補の選任基準制定など、透明・公正かつ迅速・果断な意思決定を行うための仕組みを強化

◎株主還元
・将来的な収益水準の向上を考慮し、増配(65円→70円予想)と昨年11月の100億円に続き自己株式取得200億円を実施する

株式会社i‐Cue(アイキュー)
決算中継「社長のビジョン」   株式会社i‐Cue(アイキュー)
上場会社が投資家向けに実施する会社説明会。ほとんどの会社では、トップの社長から、直接成長ストーリーや将来ビジョンについての説明を聞くことができます。個人投資家にとって、投資判断を左右する情報を読み取れる欠かせない機会となっています。
【各企業の動画一覧ページはこちら】
免責事項
当社の将来についての計画、戦略及び業績に関する予想と見通しの記述が含まれています。これらの情報は現在入手可能な情報による判断及び仮定に基づき算出しており、今後の事業内容等の変化により実際の業績等が予想と大きく異なる可能性がございます。
運営会社:株式会社i‐Cue(アイキュー)
Copyright 2015 i‐Cue Inc.All Rights Reserved.

コラム&レポート Pick Up