東日本旅客鉄道<9020>4/28の本決算発表予定。コロナ・ショック3/13に年初来安値を更新。再浮上のタイミングは?

2020/04/27

 

 

4/28に本決算発表を迎える東日本旅客鉄道<9020>。昨年より10,000円を前後してボックス圏内で推移していました。しかし、コロナ・ショックの影響を受け、一時7,060円まで下落しました。その後、すぐにリバウンドしましたが、半値を戻すまでは至らず、8,000円台前半にとどまっています。今後、コロナ・ショックを乗り越え再上昇することができるのか?決算発表にも注目が集まることが予想されます。

 

東日本旅客鉄道<9020>の本決算前後の株価動向は?


では、その注目が集まるであろう東日本旅客鉄道<9020>ですが、例年、本決算の前後で株価に、どのような傾向があるのでしょうか?そこで2000年から2019年の期間で、決算発表の前後1ヶ月間(4月中旬~5月中旬)にどのような傾向があるのかデータ分析しました。その結果がこちらです。

シナジスタ:東日本旅客鉄道<9020>決算前後期間の株価の推移

※上記グラフは「シナジスタ」の独自システムによるデータ分析による結果です

過去20年間の中で、決算発表後株価が上がったのは10回でした。また、下がったのも10回でした。上昇時も下落時もともに、その差は10%以内でにとどまっています。インフラ関連として一定の株価を維持している印象を受けます。その影響で、大きな上昇もありませんが、大きな下落もないことが確認できます。

よって、このデータ分析を見る限り、決算発表の影響で、株価が大きく上昇することはないと考えられるでしょう。なお、東日本旅客鉄道の株価は2017年以降、ボックス圏内を推移し、9,000円を下回ることがありませんでした。しかし、決算発表前に大きく下落しています。外部要因もある中での決算発表ですので、例年とは異なるリスクがあることには注意が必要でしょう。

 

「鉄道・バス関連」全体の動向は?


ここでは、「鉄道・バス関連全体」の株価の動きを紹介します。東日本旅客鉄道の4月、5月の動向が鉄道・バス関連株とどのような関連性があるのかを確認します。そこで、関連株全体の動向を見てみましょう。

鉄道・バス業の株価の月別傾向
※上記グラフは「シナジスタ」の独自システムによるデータ分析による結果です

鉄道・バス関連株は、3月に強い上昇傾向が見られます。他には9月、12月に上がりやすい傾向が見られます。決算前後の4月は微増する傾向が伺えますが、5月以降は若干下落傾向が見られます。業界全体と連動した大きな動きは確認できませんが、5月は下がりやすい傾向があることには注意が必要でしょう。

 

東日本旅客鉄道<9020>の目標株価は?


また、この東日本旅客鉄道<9020>は、3月13日に年初来安値を更新し、その後反発しましたが、いまだ低位を推移しています。コロナウイルスの収束まで、まだ時間を要することが見込まれているかもしれません。そのようなこともあり、今年に限っては予測が難しい状況ですが、例年、この本決算が行われる4月末を前後しての同社株価を分析して、どのようなレンジで推移する可能性が考えられるかご紹介します。

【8,140円~8,748円】
※2020年4月中旬の月間株価8,340円を基準に計算しています

例年の株価データの傾向を考慮すると、「8,748円」まで上昇する可能性があります。また、反対に「8,140円」まで下落する可能性もあります。もちろん、これはデータ分析の結果ですので、現在も低位を推移している同社株価を考えると、上下ともにこのレンジを超える可能性はあります。

例年の傾向では、このような結果がデータ分析から読み取れました。投資判断をするうえで、このような情報を持ち合わせているかどうかで、今取るべき行動が変わるのではないでしょうか。この動向も、これからの目標株価を考えるうえで、参考情報になるでしょう。

同社株価は低位にあることで、割安感が出ています。しかし、割安だからといっても上昇までに時間を要する場合には、その資金を他に回すという戦略も考えられます。超長期で投資を検討する場合と、短期での投資対象とする場合では、戦略へのスタンスが大きく変わるので注意が必要でしょう。

 

【無料】なぜ、高値掴みをする投資家と、安く買って高く売れる投資家がいるのか?の違いが分かる「日本株5つの法則」無料レポートプレゼント。今すぐこちらをクリックしてください。

 

傾向を知っている投資家と、知らない投資家の違い


このように、データ分析から見える傾向を知っているだけで、情報の精度は変わります。おそらく、このような傾向を知らない投資家は、最近の調子の良さや、決算発表がどうなるかを予測して投資判断をするでしょう。しかし、私たちのようにデータ分析による傾向を把握していると、このような精度の高い情報から、投資戦略やスタンスを決め、投資判断することができるでしょう。

これがまさに、どのような株式市場の状況でも「底値付近で買って、天井付近で売り抜ける投資家」と「天井付近で買って、底値付近で売る投資家」の違いだと、私は考えています。ぜひ、このようなデータ分析の情報をもとに、あなたの投資戦略を考えてみてはいかがでしょうか。

 

【無料レポート】なぜ、高値掴みをする投資家と、安く買って高く売れる投資家がいるのか?今すぐこちらをクリックしてください。

 

なぜ、高値掴みをする投資家と、安く買って高く売れる投資家がいるのか?の違いが分かる「日本株5つの法則」無料レポートプレゼント。今すぐこちらをクリックしてください。

 

【高橋佑輔の関連記事】

株式会社シナジスタ
なぜ「高値掴みする投資家」と「底値付近で買える投資家」がいるか?それは「値動きの法則」の知識の差です。その法則を使い、過去12年で11年間利益を上げる現役トレーダー高橋佑輔が相場を分析。法則を学び、底値付近で買える投資家を目指しましょう。
株式会社シナジスタの提供する、コラム・教育サービスは、投資に関する考え方の一例をご紹介するというものですので、その正確性や完全性等について保証するものではありません。 実際の投資はお客様のご判断・ご責任で行って頂くものであり、当社は、お客様の投資におけるいかなる利益も保証するものではなく、また、お客様の投資によるいかなる損害に対しても補償を行うものでもありません。 本書の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

コラム&レポート Pick Up