グローバルエリートの責任は重い

2019/01/31

世界経済の減速懸念

今年の世界経済は、昨年や一昨年に比べ成長率が若干低下しそうです。とはいえ、3%台半ばを維持することはできると予想されます。むしろ底堅い成長だとポジティブに評価すべき水準です(図表1)。

それでも「世界経済の減速懸念」が流行語になっているのは、成長率が今の予想から上振れするよりも、下振れする可能性の方が高いためです。米国が保護貿易策を改めなければ、成長率はもっと下がるでしょう。他方、かつて経験した5%超の成長軌道へ近い将来に戻る可能性は、ほぼ無いと言えます。

グローバリゼーションの貢献

リーマンショック前の高成長は、二つの要素によるものです。一つは、米欧などで発生した住宅などのバブルです。もう一つは、中国を始めとする新興国が、世界市場へ本格的に組み込まれたことです。

バブルは崩壊後の傷が大きいので、再来を待望すべきではありません。よって経済の活性化には、世界市場のさらなる統合・深化が必要です。これをグローバリゼーション(グローバル化、世界化)と呼ぶとすれば、それが世界(特に新興国)に多大な貢献を果たしてきたことを、否定するのは誤りです。

グローバリズム vs ナショナリズム

ただ、グローバル化には批判も絶えません(特に先進国で)。わかりやすい批判は、それによって恩恵を受ける企業や人(多国籍企業や投資家など)とそれ以外の人との格差が広がった、というものです。

ここ数年の間、日本を含む多くの国で、ポピュリズム(大衆迎合主義)やナショナリズム(国粋主義)の傾向を帯びた勢力が表舞台に出てきました。代表例は「米国第一」を掲げるトランプ大統領です。そうした現象は急速なグローバル化への反発から生まれた、という理解も、完全な間違いとは言えません。

今年もエリートが大集合

先週、スイスで世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)が開かれました。世界的に活躍する政治・経済のリーダーらが講演や討論をしたり親睦を深めたりする、グローバルエリートの華やかな集いです。

ここでの主なテーマも、グローバリゼーションの行方についてでした。世界経済の減速、地球環境問題、世界的な所得格差(図表2)も論点になりました。それらの対処には国際協調を要するからです。問題認識自体は正しいと言えるでしょう。しかし、解決策らしきものはほとんど示されませんでした。

責任は誰に?

これは当然のことです。環境や格差の問題に本気で取り組むには、既得権益の打破や超富裕層への課税強化が必要です。しかし権益の享受側であるエリート層が、それを自ら放棄するとは考えられません。

グローバル化という大潮流が、根本的に変わることはありません。しかしその利益が適切に分配されなければ、保護貿易策など反グローバル化の動きが並存し続けます。それは経済成長を圧迫し続けるでしょう。「世界経済の減速懸念」は、現在の格差構造を改めない限り、永続する懸念だと覚悟すべきです。

図表入りのレポートはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会