アルゼンチン取材報告①-美しい停滞国

2018/11/28

なぜ訪れる価値があるのか?

20か国・地域首脳会議(G20サミット、11月30日~12月1日)に対する関心が、金融市場で日増しに高まっています。このとき米国と中国の間で、通商政策をめぐる首脳会談が行われるためです。

開催地はアルゼンチンの首都、ブエノスアイレスです。筆者は11月、この遠方の地を訪れる機会を得ました。今年、トルコと並び「新興国」の通貨危機を代表する国となったからです(ただしトルコ・リラは最近上昇。図表1)。また、通貨の本質や日本経済の将来を考察する上で、一度は訪れたい国です。

別名は「南米のパリ」

アルゼンチンと聞いて日本人が思い浮かべるのは、サッカーとタンゴでしょう。ただ、それ以外のイメージに乏しいのが実状かもしれません。地理的な遠さや治安面の不安から、観光も敬遠されがちです。

しかし実は、非常に魅力的な国です。欧州から来た移民が発展させた国なので、ブエノスアイレス中心部(写真1)はフランスやスペインを思わせます。食事の質も高く、普通の人々は穏やかです。一部の地帯や夜間の外出を避ければ、身の危険を感じることは特段ありません(油断は絶対禁物ですが)。

高インフレにもかかわらず、意外に平穏

意外なことですが、ブエノスアイレスに限って言えば、景気が悪いようにはみえません。雰囲気の良い繁華街(写真2)へ行くと適度な賑わいがみられます。大きな建設工事なども数多く行われています。

通貨ペソが急落したのは(対米ドルで年初に比べ半値以下)、財政懸念や年40%に及ぶインフレのためです。とはいえ、普段の生活が混乱している様子は特にみられません。ペソはもともと信用されていないので、多くの人は貯蓄をドルで保有しているからです(ドル高に伴い、貯蓄額はペソ換算で急増)。

リスクシナリオ:低所得層の不満から政局動乱、通貨危機再燃へ

ただし賃金はペソであり、その増加はインフレに追いついていません。そのため貯蓄の余裕がない低所得層には極めて厳しい状況です。そうした不満により、これから激しいデモやストが増えるでしょう。

最も注目されているのが、来年10月の大統領選挙です。現政権(マクリ大統領が率いる中道右派政権)の規制緩和など改革路線は、日系企業を含め現地ビジネス界から高い評価を得ています。それだけに、低所得層の根強い支持を得る左派が政権を奪回すれば、通貨危機再燃という展開も十分あり得ます。

新興国ではなく停滞国

しかし実際にアルゼンチンを訪れてわかるのは、先進国以外を「新興国」と一括するのはナンセンス、ということです。例えば東南アジアやインドは、いま興隆しつつあるという意味で、まさに新興国です。

一方アルゼンチンは、かつて世界有数の豊かな国でしたが、20世紀半ば以降、世界の発展から取り残されました。よって正確には、新興国ではなく「停滞国」です。美しい国ですが、今後も急成長はあまり期待できません。この点で似ている日本は、アルゼンチンの歴史から学ぶべき教訓があるはずです。

図表入りのレポートはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会