危機か、解放か:2020年、世界10大ニュース

2020/12/28

SARS-CoV-2というウイルスが引き起こすCOVID-19(いわゆる新型コロナウイルス感染症)は、約176万人の命を奪い、いまも毎日約1万人が死亡しています(図表1)。以下に挙げる今年の10大ニュースは、当然ながら、どれもこの惨事に関連しています(筆者選定。順序は重要度とは無関係)。しかし、物事には、悪い面と良い面があります。このウイルスによる闇の中にも、光はたしかに射しています。

悪い面:人類の危機?

  1. 感染症への弱さ:中世西欧を襲ったペスト、約100年前のスペイン風邪など、人類の歴史は、感染症とともにあります。その脅威は全く去っていないことを、今年の経験で改めて教えられました。
  2. 経済の落ち込み:様々な活動制限によって、4-6月期、欧米や日本などの経済は、極端に落ち込みました。年間でも、中国などを除き、主要国の多くはマイナス成長(GDP減)となる見込みです。
  3. 格差の拡大:特に観光などの業種は、深刻な打撃を受けました。また、非正規の就業者などへの各国の支援は、十分と言えません。これらのため世界的に所得格差が拡大し、貧困者が増えています。
  4. 社会の不安定化:格差の拡大は、人々の不満を高め、社会の亀裂を深め、政治への信用を損ないます。米国などで広がった人種差別に対する抗議運動(BLM)も、そうした観点から理解すべきです。
  5. 孤独と疎外:感染症対策の基本は、他人への接近回避です。よって、ソーシャルディスタンスの確保は、やむを得ないことです。ただ、それにより、孤独感や疎外感に悩む人も少なくありません。

良い面:人間性の解放

  1. 科学への信頼:科学者は、感染症の脅威を前から警告していました。またCOVID-19のワクチン接種が、早くも始まりました。これらで向上した科学への信頼は、気候変動との戦いでも有益です。
  2. 経済の底力:世界経済は後退したものの、崩壊は免れました。これは、オンライン関連など、需要が増えた分野もあるからです。また、各国の金融緩和や企業支援なども、大きく貢献しています。
  3. 株価の上昇:そうした経済構造や各国の政策に支えられ、主要国の株価は、3月に一時暴落した後は、大幅に上昇しています(図表2)。このことは、富裕層や株式投資家にとっては良いことです。
  4. ポピュリズムの退潮:国難時に求められるのは、刺激的な話題を提供するポピュリズム政権ではなく、有能な政府です。米大統領選でトランプ氏が敗れたのは、ポピュリズムの敗北と言えるでしょう。
  5. 内省の好機:ソーシャルディスタンスや「巣ごもり」は、軽薄になりがちな現代人へ、貴重な内省機会を与えています。また、在宅勤務などの定着は、無意味な管理からの解放をもたらすはずです。

 

図表入りのレポートはこちら

https://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ