東南アジア取材報告①:喜ばしき「アジアの時代」

2019/12/18

日本もアジア

東南アジアや中国へ行くと、希望や元気が与えられます。国が年々発展し、人々が豊かになっていく様子を、目の当たりにすることができるからです。こうした感覚は、日本や欧米ではもう味わえません。

さらに日本人の場合、同時にアジア人だと再自覚させられます。アジアの定義は様々ですが、少なくとも中国・日本・韓国・東南アジアは、人種や気質、文化の類似性から、ひとまとめにできます。シンガポール、タイ、マレーシアを今月往訪した筆者が感じたのも、日本と似ているがゆえの心地良さです。

欧米vsアジア

世界情勢は今、「米国vs中国」という構図で論じられています。これは「衰退する欧米vs躍進するアジア」または「欧米の価値観vsアジア的なもの」という、もっと大きな枠組み内に位置づけるべきです。

アジア的なものとは何か。典型的な気質としては、穏やかで従順なことです。組織では、個人よりも集団秩序が優先されます。こうした気質や体制は、権威主義的(上位者に弱い)、非民主的、前近代的だと欧米メディアなどは蔑視しますが、そのように見下すのは、アジアの特性に関する無知に由来します。

アジア的な政治

例えばシンガポールでは、事実上の一党独裁が行われ、報道やデモは厳しく制限されています。監視カメラも多数設置されています。これらのため、この都市国家は「明るい北朝鮮」と呼ばれたりします。

タイでは、軍部や国王が大きな権力を持っています。今年3月に総選挙が行われましたが、発足したのは親軍部の政権です。マレーシアでは、多数派民族であるマレー系の国民が就職などで優遇され、少数派の中華系やインド系は、より厳しい競争にさらされます。民族による差別だと言わざるを得ません。

アジアは平和

そうした政治は、欧米の言う「真の民主主義」には程遠いものです。しかしこの三か国では、社会秩序はおおむね保たれ、特にシンガポールの治安は東京以上です。これを批判される筋合いはありません。

欧米式の民主政でなくとも、国民の幸福を増進することは可能なのです。シンガポールの政権安定は、割安な公共住宅の供給などに対する国民の支持も寄与しています。タイの現政権が優先するのも、低所得層への支援です。マレーシアの多数派優遇策については、秩序保全上の必要悪なのかもしれません。

アジアの時代へ

ここで想起すべきは、シンガポールの初代首相リー・クアンユー氏(1923-2015年)とマレーシアの現首相マハティール氏(1925年-)です。両氏に共通するのは、傲慢で退廃した欧米への反発心です。

アジアの発展は、彼らのような偉人と人々の奮闘の成果です。すでにアジアは、経済規模(中国・日本・韓国・東南アジアの合計)で米国やユーロ圏を超えました。中国や東南アジアはまだまだ伸びるので、米国などとの差は広がる一方でしょう。そう思うと、アジア人の一人として、深い感慨を覚えます。

図表入りのレポートはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会