私があまり怒らない理由

2021/06/12

こんにちは、石田です。

さて、先日ある方から「なぜ石田さんは怒らないんですか?怒っているのを見たことがないです。」と言われました。

これからそれについてお話ししますので、普段から自分でも怒りっぽいと感じていたり、「なんでそんなに怒るの?」と言われたりしていて「それを変えたい」と思っている方は続きを読んでください。

確かに私はあまり怒りません。

ただ、昔から怒らない穏やかな人間だったわけではありません。

むしろ昔は怒りっぽい方だったような気がします。

取引先と意見が合わずトラブルになったり、その流れで契約を切ったりなどは頻繁にありました。従業員にも「なぜその位のことが出来ないんだ!」「やる気あるのか?」といつも腹を立てていた気がします。

今考えると、顔から火が出るほど恥ずかしく、そんな私と一緒に頑張ってくれていた人達に対して申し訳なく思います。

そんな私が怒らなくなったきっかけがあります。

いつも従業員との懇親会(簡単に言うと食事と酒)の時には「会社や私に対して意見があれば遠慮なく言っていいよ!」とは伝えていましたが、そこで何かを言われることはありませんでした。

しかし、コーチングを学び始めたころ「言葉の使い方や声のトーン、体の動かし方」によって「影響力をコントロールすることが出来る」事を知り、そのスキルを使って同じ質問をしました。

どのようにしたのかは今日の話とは関係ないのでまた別の機会にお話ししますが、その日はその質問に対して堰を切ったように様々な意見が出てきて、その時に感じることがありました。

それは「私は全く偉いわけではない」ということです。

人には得意な分野と不得意な分野があり、全てが完璧に見えるような人でも何かしら不得意なことはあります。

Aさんという人がいるとしましょう。

私が得意なことがAさんは不得意です。

しかし、Aさんが得意なことが私が不得意だったりします。

それなのに「自分の弱い部分を棚に上げて、さも自分の方が優れているかのように人に物申す姿」がとても恥ずかしくなりました。

そう、私も苦手なこと、不得意なことがたくさんある人間なのに「偉そうに人に説教したりしている様を客観的に見るようになった」のです。

もうずいぶんと前の話ですが、その出来事をきっかけに、あまり怒ることがなくなりました。

また、自分がそのようなスタンスになると相手が誰であろうがその人の話をよく聞くようになります。

たぶんそれまでは変なプライドが邪魔をして「そのことについては自分の方が詳しい!」「あなたに教えてもらおうなんて思ってない!」なんて考えていたのだと思います。

私がむやみやたらに怒らなくなり、人の意見や話を真剣に聞くようになってから従業員の意見からとても良いビジネスアイデアが生まれたり、私自身も知識の吸収スピードが速くなった等、良いことが増えたように思います。

人から怒りっぽいと言われて「だから何?べつにいいでしょ、それで。」と思っている方はそのままでよいと思います。

ただ、何かそこに違和感を感じていて「自分でも自分を変えたい」と思っているのなら・・・。

今日の内容から何か感じることがあると思います。

 

それではまた!

 

石田信一

 

PS. 株で資産を増やそうと思ったら、無数の方法が存在します。

しかしどんなやり方で投資しようが、この計算式を使わなければ資産を増やす事は出来ません。

◯−△=利益

◯と△についてはこの後明かしますが、たったこれだけ。

足し算も掛け算も割り算も必要ありません。

必要なのは、小学校1年生で習う引き算のみです。

資産を増やす人は意識的であれ、無意識であれ必ずこの計算式を使っています。

この『資産運用の方程式』の詳細は、以下の画像をクリックして確認してください。

クリックして詳細を見る

アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
石田信一「1日10分の投資術」   アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
安定して勝ち続けるために必要な相場・トレードの本質を解説します。「トレードで勝ち続けるための原則」「資産運用主体の自由な人生の送り方」「複数の収入源構築方法」など公開していきます。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本情報に基づいて行われる判断について、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ