売買サインが届くシステム

2021/04/15

こんにちは、石田です。

さて、つい先日のことです。

取引口座を開いている証券会社からメールが届いていて、メールの内容を簡単に言う「アルゴリズムで売買サインが出るシステムでトレードしませんか?」というもの。

私の得意分野の商品を私に対して営業かけてきた。というわけです(笑)

売買サインが出るものに対して一切の感情を挟まずに機械的に売買するのはアルゴリズムだろうが何だろうが私個人の定義としては「システムトレード」に該当します。

たぶん、このご時世ですから証券会社に取引口座を開設していてトレードの経験があるのなら、皆さんのところにも同じような商品の紹介メールが様々なところからたくさん届いているのではないでしょうか。

「売買サインが届くシステム」一見すると

・手間がかからない

・自分にトレードスキルがなくても簡単に儲かる

と、とても便利に感じるかもしれませんが正しい知識を持って運用しないと火傷しますのでご注意ください。

正しい知識については、その知識を下支えする理論から学ばないといけません。

残念ながらこのわずかな紙面の都合と私の教材に含まれているという都合上(笑)、詳細については割愛しますが、売買サインが届くシステムに興味をお持ちの方がこのコラムをご覧になっているかもしれないので、今日は肝となる重要な部分だけお伝えしておきます。

売買サインが届くシステムを使ってうまく収益を上げ続けるには5つのポイントがあります。

1:システムの選び方

何に気を付けてどのシステムを選ぶのか?ということです。

成績の良さ(収益の多い)だけを見てシステムを選ぶと運用に失敗します。

運用スタイルに合わせてその他のポイントをチェックしなければなりません。

2:複数のシステムを選ぶ

良さそうな一つのシステムに全幅の信頼を置き、自己資金をすべて投入すると失敗します。

ポジションボリュームが減っても構わないので自己資金を案分し、複数のシステムを並行的に運用しましょう。

3:システムのSTARTルール

システムの運用を開始するタイミングは重要です。

特に初めて運用を開始する場面では特に重要で、正しい知識がまだ学べていない段階では優秀なシステムであってもいきなり破綻する場合があります。
このタイミング次第で効率よく運用できるかどうかが決まるのでまさに「最初が肝心」ですね。

4:システムのSTOPルール

どんなに優秀なシステムでも長期的なドローダウンや全く機能しなくなってしまうことは普通に起こりますので、万が一の際の「運用を止めるルール」が必要です。

方法は2つ、

・明確な裁量ルールによるストップ

・エクイティカーブによるストップ

です。

5:STOPしたシステムの継続管理

何かしらの理由で運用を止めたシステムも、日柄の経過により成績が回復し始めたり新たに優秀なオリジナルのルールを生み出すことがあります。

目先の結果が良かろうが悪かろうが、その後の経過観察が重要です。

興味がある方は学習に取り組んでみるのも良いかもしれません。

 

それではまた!

 

石田信一

 

PS.YouTubeチャンネル「投資家 石田信一」にて株式投資に役立つ情報を配信中です。

こちらの動画では株とFXの違いについて話していますのでぜひご覧ください。

↓↓↓

【投資】株とFXはどちらが儲けやすい?

アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
石田信一「1日10分の投資術」   アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
安定して勝ち続けるために必要な相場・トレードの本質を解説します。「トレードで勝ち続けるための原則」「資産運用主体の自由な人生の送り方」「複数の収入源構築方法」など公開していきます。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本情報に基づいて行われる判断について、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ