新しいIRの活用~六感に響くか

2020/06/15

・新型コロナウイルスの影響で、Webや電話による決算説明会が活況である。細かくみると、様々なタイプがある。Q&Aができるタイプ、動画を撮って説明会の時に流すタイプ、電話によるテレコンのみで映像はないタイプ、事前登録しないと参加できないタイプ、ホームページで誰でも見れるタイプなど、何が違うのだろうか。

・本気で説明会に臨む場合は、事前に決算資料にすべて目を通し、質問したい事項はチェックしておく。当然20~30項目は出てくる。これを一人で聞いていくと1時間はかかる。この他に、もっと大事なビジョンや戦略などのテーマについて議論したいので、ゆっくりやればもう1時間はほしい。

・つまり、動画を見る説明会に参加して1時間、個別のQ&Aで1時間、社長へのトップインタビューで1時間というのが、アナリストとしての筆者の時間配分である。これを四半期ごとにやりたい。現実はどうだろうか。そううまくはいかない。

・今までのやり方は、社長が行う説明会に参加して、いくつか大局的な質問をして、後は個別インタビューをCFOやIRの責任者に行う。中小型企業の場合、もう1度社長に会える機会も多い。

・新型コロナの影響で、昨今は直接会う機会が少なくなった。動画で社長のプレゼンをみて、Webや電話で個別インタビューを社長やCFO、IR責任者に行うようになった。テレコンでもだいたい1時間ほどやりとりしているので、通常の面談の時と変わらない。

・すでにフォローしている企業は、レポートも書いているので、会社のことはよくわかっている。その上で、社長のビデオを見て、直接担当者にインタビューを行えば、会社が考えていること、投資家に伝えたいことは概ね分かる。それで十分だろうか。

・実はもっと知りたい。別に秘密を知りたいわけではない。フェアディスクロージャーを越えたいわけでもない。どんな表現にも、そこに込めた思いや意味合いがある。短信ならば行間を知りたい。説明会資料ならば、社長がそれをどう使うかを知りたい。単に読み上げるだけでなく、必ず自分の言葉で何らかの解釈を加える。その解釈の意味合いを知りたい。

・IRの担当者には、財務データに含まれている企業の実態について、その内容を聞きたい。さらに、財務は結果なので、誰がどういう意思決定をして、今のような状況になっているのかを知りたい。

・社長の話を、生で見聞きする場合と映像で見聞きする場合とでは、目線、表情(顔色)、音声(声色)、動き(しぐさ)などに受け止め方の違いが出る。こちらの集中力にもよるので、生ライブの方がよくつかめる。

・今どこに最も関心があるのか。不透明ながら先行きに自信を持っているのか。不安な点はどこにあるのか。それにはどのような手を打っているのか。それで十分なのか、まだ足らないのか。意気軒昂なのか、呻吟しているのか。いろんなことが分かる。

・ビデオだけでも分かることは多い。全体のストーリー建て、次期計画のシミュレーション、ファクト情報の整理などは十分伝わる。今のところは、社長のビデオを見た上で、IR担当者に社長の表現から受けた印象を各々の具体的テーマにおろして議論していく。

・抽象的な話では議論にならないので、自分なりに咀嚼して、丁寧に聞いてみる。その反応がまた面白い。よく分かってくれる人、あまりのってこない人などさまざまであるが、いかに話しやすくするか。その質問の仕方がカギである。

・3月決算では、生の説明会を止めて動画にした企業がほとんどである。次の9月中間決算はどうなるだろうか。コロナショックが落ち着いて、従来型に戻ってくるだろうか。

・それとも、投資家のニーズを聞いて、Webの方が便利ということでネット開催が増えるだろうか。たぶん後者が圧倒的に増えてこよう。この時、企業サイドは、Web開催のプレゼン効果をもっと工夫する必要があろう。

・大事な点は、説明用資料を大きく映すことではない。説明資料は事前でも事後でもみることができる。手元に用意していることも多い。それよりも、社長のプレゼンする姿、表情、声をはっきりと知りたいのである。

・映像や音声のレベルを上げて、きれいにしてほしい。そこには演出が必要である。TVに出る時を考えればよい。当然シナリオがあり、本番の練習が必要である。準備不足は見苦しいことになりかねない。伝えたいことも、上手く伝わらない。

・社長だけでなく、CFO、CTOなど経営陣が何人か登壇することも効果的である。同じ時間でも、人が増えると情報量が増大するからである。

・映像のレベルを上げるというのは、社長に演技してほしいと言っているのではない。プレゼンの良し悪しは準備に依存する。中身はもちろんであるが、それをどう伝えるか。レポートでいえば、統合報告書のコンテンツと考えればわかりやすい。いかに自分の言葉で直接語りかけるか。ここがカギである。

・Webプレゼンのレベルが上がってくれば、Webプレゼン優良企業として表彰されることにもなろう。Webなら、何人でも参加できる。多くのファンドマネジャーが聞きに来よう。直接対話の機会として有効である。

・Q&Aの時間も多くとってほしい。ファンドマネジャーはラージミーティングの場ではあまり質問しない。セルサイドアナリストが中心かもしれないが、機関投資家も一段と議論に参加してほしい。

・投資家、アナリストは、Web説明会でも第六感を働かせて、話を見聞している。六感とは、ものごとの動きを鋭くつかむ心の働きである。五感に加えて、第六感に訴えることができれば最高である。そのようなネットの活用が、新しいIRのあり方となってほしい。

株式会社日本ベル投資研究所
日本ベル投資研究所   株式会社日本ベル投資研究所
日本ベル投資研究所は「リスクマネジメントのできる投資家と企業家の創発」を目指して活動しています。足で稼いだ情報を一工夫して、皆様にお届けします。
本情報は投資家の参考情報の提供を目的として、株式会社日本ベル投資研究所が独自の視点から書いており、投資の推奨、勧誘、助言を与えるものではありません。また、情報の正確性を保証するものでもありません。株式会社日本ベル投資研究所は、利用者が本情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。