インドネシアの金融政策(2019年9月)~今後の市場展望

2019/09/20
  1. 政策金利は3ヵ月連続0.25%引き下げの5.25%でした。米利下げに追随し、景気刺激を狙います。
  2. 中銀は景気、物価の先行きを慎重に見ており、引き続き緩和的な政策スタンスを維持するとしています。
  3. 為替・株式相場は新興国の中では比較的安定的で、金融緩和効果を先取りして底堅いと見込まれます。

物価安定受け、景気重視のスタンスを強化

インドネシア銀行(BI、以下、中銀)は18-19日に定例理事会を開き、政策金利のBIレート(7日物レポ金利)を0.25%引き下げ、5.25%としました。3ヵ月連続の利下げです。インフレ率の安定、減速気味の景気をを受け、米国の利下げに追随する形で、景気刺激を狙います。また、不動産ローンと自動車ローンの規制を緩和し、市場活性化を促しました。

8月のCPIは前年同月比+3.49%と、中銀のインフレ目標(+3.5±1%)内で安定しています。中銀は2020年の目標を+3±1%と引き下げますが、引き続き目標圏内で推移すると想定しています。一方、経済成長率については、2019年は想定(+5.0~5.4%)の下半分、2020年は想定(+5.1~5.5%)の中心付近と想定しており、2019年に対してやや慎重に見ています。中銀は引き続き緩和的な政策スタンスを維持するとしており、景気減速基調が強まる場合や、米中貿易摩擦激化などの外部リスク拡大に際して、追加緩和を実施する可能性も否定できません。

金融緩和による景気先行き期待が追い風に

為替相場、株価は、米中貿易摩擦再燃で世界的に市場が混乱する中、他の新興国市場に比べると比較的安定して推移し、早期に混乱前の水準を回復しています。金融緩和はルピア安の一因ですが、今般の局面では、むしろ景気先行きに対する安心感増大につながり、結果として下落リスクは抑えられると思われます。

代表的株価指数のJCI指数(ジャカルタ総合指数)は、8月の騰落率は-1.0%と新興国全体(MSCI新興国株価指数〔現地通貨建て〕)の同-2.7%に比べて軽微な下落でした。ただし、9月は19日時点でそれぞれ-1.3%、+2.4%と劣後しています。なお、予想PER(一株当たり利益÷株価)は14倍割れで、過去1年の平均(約15倍)を下回り割安感があります。企業業績見通しもここにきて若干上方修正方向となっており、金融緩和で上昇余地が期待できると考えます。


アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up