トルコ経済の現状(2019年4-6月期GDP)~今後の為替相場展望

2019/09/03
  1. 実質GDPは前期比+1.2%と2期連続プラス、景気が回復しています。企業投資低迷が気になります。
  2. 景況感指標ではまだ動きにバラつきがあるものの、夏場以降も景気回復が続いていると見られます。
  3. 追加利下げの可能性高く、今後の景気回復に寄与するほか、金利低下による資金流入が期待されます。

片肺飛行で未だ脆弱も景気回復軌道へ

9月2日、トルコ統計局が発表した2019年4-6月期の実質GDPは前期比+1.2%でした。2期連続のプラスです。対前期比の寄与度は、個人消費が+1.8%と全体をけん引しました。一方、固定資本投資が-1.9%(4期連続マイナス)と、企業の設備投資が振るいません。消費と投資の動きにバラつきのある「片肺飛行」で未だ脆弱な状況ですが、それでも何とか景気回復軌道に乗ってきた形です。また、純輸出(外需)は+0.5%でした。6期ぶりに輸出入共プラスとなり、景気拡大局面のパターンとなりました。

7-9月期は、まだ力強さには欠けるものの、景況感指標を見る限り、景気は回復方向にあると見られます。8月の製造業PMIは48.0と17ヵ月連続で50割れも、今年最高となっており、徐々に先行きに対して前向きになりつつあります。一方、8月の消費者信頼感指数は58.5と低迷しています。雇用環境の悪化が背景にありますが、最悪期を脱しつつあり、今後水準を徐々に切り上げていくと見込まれます。

景気重視の金融政策がリラを下支え

今年のリラ相場(対円)は、おおむね1リラ18~21円の中でやや弱い展開です。円高・ドル安や景気低迷に加え、様々な国際政治リスク、エルドアン政権の強権的な振る舞いが、リラ相場を押し下げていると見られます。

7月25日、トルコ中央銀行(中銀)が大幅利下げに踏み切り(24%➝19.75%)、景気重視の姿勢に変わりました。重要な判断材料であるCPI(消費者物価指数)の前年同月比は、2018年10月の+25.2%でピークアウトし、7月は同+16.7%でした。中銀サーベイでは、年内の+15%割れが予想されており、追加利下げの可能性が高まっています。実現すれば、今後の景気回復に寄与するほか、金利低下期待で投資資金流入が促され、リラを下支えすると思われます。

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会