フィンテック(FT)と人工知能(AI)

2016/11/04

・フィンテック(FT)が日本経済の救世主になるかも。こんな話を伊藤隆敏教授(コロンビア大学)が楽天フォーラムで講演した。日本は人口が減少する。日本のサービス業の生産性は低い。新しいテクノロジーを入れて、仕組みを変えていくことは、マクロ的にはよいことである。しかし、本当に意識改革ができるか、と問題提起した。

・面白いのは、まず1円玉と5円玉をなくせ、と提案した。日本は現金(キャッシュ)が好きである。これが流通していると、いろんなところで手間がかかり、キャッシュレスのイノベーションが進まないからである。オーストラリアとニュージーランドはすでにそうなっており、少額コインの四捨五入も認めている。

・日本も地下鉄やバスに乗ると、スイカやパスモ(ICカード)と現金支払いでは料金が異なっている。電子マネーのみにすれば簡単になるが、それが通るかといえばかなり難しい。日本の場合、皆にやさしく、皆に便利にと対応するので、システムが複雑になる。

・かつて日本経済は、製造業が引っ張ってきた。生産性も製造業中心に向上し、それが賃金上昇にも結びついた。しかし、この20年、日本の製造業は海外に出ていくことに力を入れた。円高によるコスト競争力への低下が主因であったが、日本以外の成長市場を求めて、地産地消を目指した。この傾向はこれからも続く。

・20歳から64歳までの働き手(生産年齢人口)は年間100万人単位で減っていく。一方で、海外へ投資する企業はサービス業でも増えている。これまでのIT投資は、会社のミドル・バックに対応した‘守りのIT’が中心であって、新しいビジネスを作り出そうという‘攻めのIT’は少なかった。

・金融のIT投資は、これから大きく変貌していく。しかし、高齢者がネットバンキングに慣れることができるか。高齢化社会において、高齢者は昔からの習慣をなかなか変えられない。とすると、カードで買い物をしたり、支払いをしたりというのが馴染まない人も多い。よって、小口現金をなくすわけにはいかない、という見方も有力である。

・一方で、FT(フィンテック)はグローバルにどんどん進む。世界に比べて、日本が遅れをとってしまうかもしれない。金融機関は自らの存在が問われるので、FTに意欲的に取り組もうとしている。いずれ銀行の支店はいらなくなる。銀行の数も減っていく。

・銀行の窓口に行って、人手のサービスを受けるというのは、コストがかかる。コストがかかるので手数料は高い。ネットバンキングへシフトすれば、安く済む。証券ではそれがかなり進んだ。株の取引において、大手証券会社の営業パーソンを通す顧客は大幅に減少し、今やネットトレーディングが主力である。

・金融(銀行、証券、保険)におけるアンバンドリング(機能の分断)が進展しつつある。FTによって、それが加速しよう。銀行における送金、決済、借入、貸出といった機能が一つの銀行でまとまってサービスされるのではなく、機能がバラバラになって、個別に対応されていく。

・リテールにおいて、顧客である個人の信用も個別に判断されるようになる。つまり、リスクの細分化が問われる。個々人の中身を見て、サービスの内容が変わってくる。保険でいえば、事故のない人の保険は安くなるというのは、もはや一般的になりつつある。

・個別データがその人の信用に意味をもってくる。全体でみると、膨大なビックデータ(BD)を活用し、そこにAIも入れて、よりカスタマイズされたサービスが提供されるようになる。しかも、人手を介さなくなれば、コストも安くなり、利便性は上がっていく。

・では、大手金融機関はどうするのか。「金融ニッポン」のフォーラムで、大手のトップがそれぞれ語った。みずほFGの佐藤社長は、FTをベースに、これからはB to Cではなく、C to Bを強化するという。つまり顧客(C)が本当に求めていることをFTで知り、それをサービスに取り込んでいく。

・銀行の伝統的業務は、新規参入のベンチャーも含めて、どんどんアンバンドリングされていく。お金を貸すオンラインレンディングが台頭している。ロボットが資産運用のアドバイスを行うロボアドは、これまでの4分の1の手数料で同じようなサービスを提供する。そういう動きが海外では進んでいる。海外の大手金融機関は新しいベンチャーと組んで、FTに取り組んでいる。みずほもそれにならって、オープンイノベーションを強化する。

・野村HDの永井CEOは、ロボアドの導入を進めるという。AIのDL(ディープラーニング)を利用して、運用のゴールと金額を定めて、投資家のタイプを判断していけば、それに合った運用方法をアドバイスする。そのサービスをまもなく本格化させる。

・三菱UFJ(MUFG)の平野社長は、ブロックチューン技術を利用したビットコインのような独自のプライベートコイン(MUFJコイン)を開発しており、これを広く使えるように工夫するという。通常のビットコインよりも信用がおけるものにしたいと強調する。

・金融はやはり信用が大事なので、ベンチャーといえども、一気には成り上がれない。三菱UFJはベンチャーと組んで、新しい仕組みを作り、既存の仕組みを壊しながらでも、大いにFTを進めるという。

・では、FTの何が新しいのか。利用者サイドからは、1)利便性が高まるのか、2)安全で信用できるのか、3)コストが安く済むのか、という3つが問われる。サービスを提供する金融機関サイドでは、1)新しい技術を活用していかにビジネスモデルに仕上げるか、2)そのセキュリティは万全か、3)コストを上回る付加価値を作り出せるか、が勝負である。

・アンバンドリングによって、バリューチェーンが破壊される既存の金融機関にとっては、新しい仕組みを自ら提供し、顧客と事業を守りたいと考える。さらに既存のビジネスを失っても、それを上回る新しいビジネスを手に入れるように、ビジネスモデルをチェンジしていく。大手金融機関は、オープンイノベーションをベースに、ビジネスモデルのトランスフォーメーションを推進すべく舵を切っている。

・FTでも、IoT、AI、BD(ビッグデータ)、RB(ロボット)が使われる。その中で、一番の鍵を握るAIでは何が新しいのか。東大の松尾豊准教授の話を聴いた。AIの第1期(1960年代)は、チェスを指すなど‘考えるのが早いAI’が特徴であった。第2期(1980年代)は、エキスパートシステムのように専門家の知識を置きかえる‘物知りなAI’であった。そして、今回の第3期(2010年代)は、DL(ディープラーニング)のように‘データから学習するAI’である。

・DLの凄いところは、画像認識にある。コンピュータで初めてパターン認識ができるというレベルにきた。これによって、ロボットで運動の習熟ができるようになり、AIで言語の意味がわかるようになってきた。

・この「意味がわかる」というのは、文と画像の相互変換ができるということである。これまでのAIは、何らかの特徴量を抽出することに主眼があったが、その特徴を事前に決めていたのは人間であり、そこに限界があった。一言でいえば、犬と猫を見分けるのは容易でなかったと、松尾先生はいう。

・今回のDLは、ニュートラルネットワークをモデルとして学習するので、何が特徴かも自分で決めていく。ヒトの視神経モデルに近い。記号とパターン(画像)を、行ったり来たりができる。「風船が飛んでいる」を一度画像にする。次に「風船が山を飛んでいる」を画像にする。そうすると、現実の世界の違いがイメージとしてはっきりしてくる。この記号空間とパターン空間のやりとりで、認識力が格段に上がってくる。

・何よりも目のパターン認識機能が上がり、次に耳の音声認識機能が上がっている。センサーで何らかのデータをとり、そのBDを認識、意味理解、運動へと結び付けていく。その学習プロセスを自動化している。

・金融において、第2世代の時は、一流のプロのFM(ファンドマネージャー)の判断を何とかコンピュータプログラムに置き替えようとしたが、それは余りにも多様でできなかった。今回は認識力が高まり、意味が理解できるレベルが上がっているので、定型パターンを超えて、顧客とやり取りして運用サービスのレベルを上げることができるようになる。

・では、ロボットFMとロボットFMが戦う時代がくるだろうか。それに人間のプロFMが勝てるのだろうか。将棋や囲碁ではAIが勝ってきたが、果たしてどうであろうか。はっきりしていることは、金融において顧客判断をサポートしてくれるコンシェルジュのレベルは、AIの活用で大きく上がってこよう。

株式会社日本ベル投資研究所
日本ベル投資研究所   株式会社日本ベル投資研究所
日本ベル投資研究所は「リスクマネジメントのできる投資家と企業家の創発」を目指して活動しています。足で稼いだ情報を一工夫して、皆様にお届けします。
本情報は投資家の参考情報の提供を目的として、株式会社日本ベル投資研究所が独自の視点から書いており、投資の推奨、勧誘、助言を与えるものではありません。また、情報の正確性を保証するものでもありません。株式会社日本ベル投資研究所は、利用者が本情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

コラム&レポート Pick Up