高島屋(8233)の2016年2月期中間決算は、国内外堅調と販管費削減で増収増益を達成

2015/10/20



btn03_hvdbtn01_hvdbtn02_hvd

説明会開催日:2015年10月9日
取締役社長 木本 茂氏

◎連結業績のポイント
・増収に加え販管費も削減し増益
・主要子会社が好調に推移
・営業収益・営業利益・経常利益・純利益が計画超過

 

◎連結業績
・営業収益は前年同期比1.8%増の4,498億円、営業利益は13.1%増の138億円
・営業収益は、国内では百貨店のインバウンド需要や株高に伴う資産効果、夏物商戦における正価品対策奏功及び髙島屋スペースクリエイツの受注好調、さらに海外では堅調な売上に為替影響も加わった結果、増収かつ計画超過
・営業利益は、国内百貨店の商品利益率低下に伴う減益を、販売管理費の削減や主要子会社の貢献によりカバーし、増益、かつ計画達成

 

◎株主還元
・株主還元の基本は安定配当
・業績や経営基盤の現下の状況に鑑み中間配当を1円増配を決定(期末配当も1円増配予定)

 

◎成長マーケットへの取り組み強化
・オムニチャネル戦略の具現化で2015年度ネット売上120億円(前年比+20%)を計画
・インバウンドマーケットの取り込み強化で2015年度免税売上300億円(前年比+114%)を計画
・マーケット開拓に向けた新たな業態・売場開発(「スタイルメゾン」10月/神奈川県海老名市、「キッズパティオ」6月/福岡市博多区)

 

◎2016年2月期通期計画
・営業収益は前年比2.2%増の9,330億円、営業利益は6.2%増の340億円を計画
・多種多様な「まちづくり」のもと国内百貨店は増収営業増益を計画
・海外含むグループ会社も概ね好調持続見込み
・連結での4期連続増収増益を計画

 

 


株式会社i‐Cue(アイキュー)
決算中継「社長のビジョン」   株式会社i‐Cue(アイキュー)
上場会社が投資家向けに実施する会社説明会。ほとんどの会社では、トップの社長から、直接成長ストーリーや将来ビジョンについての説明を聞くことができます。個人投資家にとって、投資判断を左右する情報を読み取れる欠かせない機会となっています。
【各企業の動画一覧ページはこちら】
免責事項
当社の将来についての計画、戦略及び業績に関する予想と見通しの記述が含まれています。これらの情報は現在入手可能な情報による判断及び仮定に基づき算出しており、今後の事業内容等の変化により実際の業績等が予想と大きく異なる可能性がございます。
運営会社:株式会社i‐Cue(アイキュー)
Copyright 2015 i‐Cue Inc.All Rights Reserved.