消費税増税なら物国に影響も

2017/09/28

▣ 消費税増税観測から期待インフレ率が上昇

政府は9月28日、臨時閣議で衆院の解散を決定、同日午後の本会議で衆院が解散されました。衆院選日程は来月10日に公示、22日投開票。今回の解散・総選挙で首相は、2019年10月に予定されている消費税増税の使途見直しを問うとしています。やや先の話ながら、これまで2回見送られてきた8%から10%への消費税率引き上げの蓋然性がにわかに高まった格好です。

消費税率引き上げとなれば、将来のキャッシュフローが物価の動向に連動して増減する物価連動国債(物国)も影響を受けることになります。物国が織り込む将来の物価上昇率(期待インフレ率、BEI、10年)は9月上旬に0.3%弱まで低下したものの、足元では0.4%弱まで上昇してきています(図表1)。単純に、2%の増税がすべて価格に転嫁できるとし、最長期の物国が償還するまでの10年間に案分するとBEIを0.2%押し上げることになります。もう少しBEIが上昇してもよさそうです。

▣ さらなる消費税率の引き上げも

前回の増税では、政府は2013年10月1日に2014年4月の消費税率8%への引き上げを閣議決定しました。同月10日に発行が再開した物国の織り込むBEIは0.96%から1.03%程度で推移した後、消費税率が引き上げられた4月1日には1.27%、6月上旬には1.43%弱まで上昇しました。その後は、消費税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動減や実質所得減少の影響などを背景に、BEIは弱含む動きになりました。

他方、基礎的財政収支(PB、プライマリーバランス)の黒字化目標が先送りされることは、債券市場にはややネガティブな材料であり、格下げなども懸念されます。もっとも、自民党勝利なら黒田日銀総裁の再任(退任でも強力な金融緩和継続)の可能性も高まることから、債券市場が大きく崩れることはなさそうです。

また、首相はPB黒字化目標を堅持するとしており、さらなる消費税率の引き上げが意識されてくると、BEIが上昇し、物国が一段と強含むことも想定されます。消費税率引き上げ後の景気低迷には注意が必要ながらも、日米の金融政策の方向性からは非常に緩やかなドル高・円安が見込まれることに加え、原油価格も持ち直してきています。選挙結果を確認する必要はありますが、やや長い目で見た物国への投資も検討できそうです。

図表入りのレポートはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=9&type=env

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「投資環境」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
内外の投資環境分析を基に、投資に資する情報、見通しなどを、タイムリーにお伝えします。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ