GPIF、引き続き国内株・Jリートの下支え役

2019/07/10

▣ 国内債券、国内株式の構成割合が低下する一方、外国債券、外国株式が上昇

公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は7月5日、2018(平成30)年度の「業務概況書」を公表しました。2018年度第3四半期は、国内外の株式市場が大幅に下落したことや円高の進行を受け14兆円を超える赤字でしたが、第4四半期は持ち直し、2018年度では2兆3,795億円の黒字と、3期連続で運用益を確保しました(図表1、2)。

2019年3月末の運用資産の構成割合は、国内債券が2018年3月末の27.50%から26.30%に、国内株式は25.14%から23.55%に低下する一方、外国債券は14.77%から16.95%に、外国株式は23.88%から25.53%に上昇しました。国内株式の割合低下は相場の下落によるところが大きかった一方、国内債券については日銀の強力な金融緩和を受け、利回りが非常に低位で推移し、収益性が低下する中、外国証券に資金を振り向けた模様です。

▣ 海外は米国中心

国別の投資額では、国内債券、国内株式が減る一方、米国債、米国株の増加が際立ちます(図表3、4)。もっとも、前年度比では軟調な国内株、堅調な米国株の動きを反映したもので、積極的に米国株を購入したというわけではなさそうです。一方、外国債券については、米国債中心に購入したとみられます。

その他の国では、利回りの高いイタリア債やスペイン債での運用が目につきますが、積極的に買い増した形跡は見受けられません。

▣ Jリートはやや増加、不動産投資には引き続き前向き

Jリートについては、2019年3月末で704億円弱と、2018年3月末の685億円から増加しました(図表5)。銘柄数についても54銘柄から60銘柄まで増えています。

GPIFは上記の上場しているJリート以外に、不動産投資を2018年1 月から開始しました。同年3月末時点では国内不動産を対象にした私募リート81 億円への投資にとどまっていましたが、2019 年3 月末時点では時価総額1,249 億円まで増えており、不動産投資に前向きな姿勢がみられます。

▣ 国内株式に買い余力、今後はオルタナティブに注力か

国内債券を減らし、外国債券を増やしてきましたが、外国債券の割合が17%程度と、許容範囲の19%に近づいています。国内の長期金利がマイナス圏で推移する中、外国債券投資は続くとみられますが、買い増しは限定的になる可能性があります。国内株式については、基本ポートフォリオの25%を下回っており、買い増しに動く余地はありそうです。また、外国債券・株式が基本ポートフォリオを上回る中、伝統的な投資対象である上場株式、債券以外の、オルタナティブ資産(電力発送電、パイプライン、鉄道などのインフラ、非上場企業の株式(プライベート・エクイティ(PE))および債権(プライベート・デット)等、不動産)の運用にも注力していくことも見込まれます(図表6)。

図表入りのレポートはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=9&type=env

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「投資環境」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
内外の投資環境分析を基に、投資に資する情報、見通しなどを、タイムリーにお伝えします。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会