「真・3本の矢」- グローバル化に突き進む日本

2018/07/19

「真・3本の矢」とは

振り返れば2013年、アベノミクス「3本の矢」が登場しました(金融緩和、財政出動、成長戦略)。ただしそれは、2015年秋に「新3本の矢」へ移行しました(強い経済、子育て支援、安心につながる社会保障)。しかしこれも不発に終わった今、アベノミクスという言葉はあまり聞かれなくなりました。

とはいえ現在の安倍政権は、空虚な策のみならず、実は正しい施策も行っています。すなわち、移民の受入れ、自由貿易の推進、脱・米国です。これらを「真・3本の矢」と呼ぶことができるでしょう。

第一の矢 - 移民の受入れ

第一に、移民受入れ政策です。実際、外国人労働者は安倍政権のもとで2倍近くに急増しました(図表1)。そして政府は、在留資格をさらに緩和する方針を示しています。2025年までに50万人超の外国人を受け入れる、というのが目標です。リベラル(革新的)な方向へ、はっきりと舵を切ったのです。

外国人労働者は通常、数年間以上の滞在が見込まれます。よって国連の定義(12か月以上の居住)によれば、また普通の感覚でも、れっきとした「移民」です。したがって、移民受入れが本格化したことに関し、異論の余地はありません。人口減・労働者不足という日本の危機を直視した、正しい施策です。

第二の矢 - 自由貿易の推進

第二に、自由貿易の推進です。今週には、日本と欧州連合(EU)の間で経済連携協定(EPA)が署名されました(発効は来年3月の見込み)。単純に経済規模で言えば、世界最大級の自由貿易圏が誕生するのです(図表2)。それを進める日本には、久々に世界から注目(多くは称賛)が寄せられています。

これにより、日欧貿易において多くの品目が関税ゼロへ向かいます。日本国民はEUのワインやチーズ、EUの人々は日本車などを、より安く買えるようになりそうです(ただ、品目ごとに移行期間を設定)。同時に、ナショナリズム的な保護主義(関税増など)に立つ米国への、日欧による対抗措置です。

第三の矢 - 脱・米国

日本はまた、環太平洋経済連携協定(TPP)に関しても、今や主導的な役割を担っています。米国のトランプ大統領による離脱表明で一旦は存続が危ぶまれたTPPを、「米国抜き」で進めているのです。

これらは、(真の)第三の矢と言うべき「脱・米国」の動きにほかなりません。トランプ米政権は、通商ルールに加え、安全保障の面でも戦後秩序(北大西洋条約機構(NATO)など)の破壊者として振る舞っています。そのような米国への追従姿勢を改めることは、世界から尊敬を得る上でも不可欠です。

グローバル化(世界の一体化)は必然、米国の保護主義は無力 

「脱米」は「反米」でなく、経済でも軍事でも、米国が日本の重要なパートナーであることに変わりはありません。ただし今後は、米国・中国・欧州という三極と、同じようなウエイトで接するのが日本の正しい道です。ようやく安倍政権は、そうしたグローバルな広い視野を持つに至ったのでしょうか。

だとすれば、日本が真のグローバル化へ踏み出したことを意味します。たしかに「真・3本の矢」も、全てこれに即したものです。保守寄りとされた安倍政権ですら抵抗し切れないほど、グローバル化の流れは強力なのです。それが歴史の大潮流である以上、米国の保護主義などは一時的な摩擦にすぎません。

図表入りのレポートはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会