金融市場と国際情勢の大きな変化

2018/04/25

株式市場の様相が変わった

米国や日本などの株式市場は、今年2月の急落を境として、様相が大きく変わりました。要するに、ほぼ一方的な上昇傾向が続いた1月頃までとは違い、経済的・政治的なリスクに敏感となったのです。

そうした状況は、しばらく続きそうです(長ければ米国の中間選挙(11月)頃まで)。米中貿易摩擦、中東などの軍事的緊張、米ハイテク企業の規制をはじめ、依然として不確実な材料が山ほどあるからです。政治・外交による対処を誤れば、経済や国際秩序を大混乱に陥れる破壊力を秘めたものばかりです。

非常に都合の良い相場環境は終わった

また、米欧や日本における金融政策の変化(極端な金融緩和の段階的正常化)も不可避です(日本は取り残されていますが)。金融危機時の緊急避難として導入した措置に、頼り続けるわけにはいきません。

インフレ率も、原油高などを受け一層上昇するとの観測が増えています。日本でも、0%前後で安定していたインフレ率は過去のものとなりました。家計には不幸なことです。ここ数年間の世界的な好景気を支えたのは、低インフレによる実質所得・消費の増加だったのです。「低インフレ、超金融緩和、それに伴う株式市場への資金流入」という都合の良い環境は、終わりつつあると覚悟した方がよさそうです。

米国の長期金利がついに3%台へ

そのような変化の象徴が、米国の長期金利と原油価格の上昇です。米10年国債利回りは昨日、4年超ぶりに一時3%台に乗せました(図表1)。米国の原油先物価格は、1バレルあたり70ドルに接近しています。いずれも心理的な節目であり、明確に突破すれば、それ自体がさらなる加速を促しそうです。

ただし利回りが上昇すると、債券投資の魅力が高まります。それは「株式と債券」を軸とした分散投資の幅を広げます。また原油高は、資源輸出に頼る新興諸国などにとっては、良い面もあります。よって景気の拡大に見合った金利水準と原油価格にとどまる限り、過度に警戒する必要は乏しいでしょう。

実体経済は堅調だが・・・

実際には、これだけ多くの環境変化やリスクにもかかわらず、金融市場は悲観一色というほどではありません。例えばNYダウや日経平均株価は、昨年末に比べると2~3%の下落にとどまっています。

これを支えているのが、実体経済は堅調という認識です。たしかに今年の世界経済は、ユーロ圏などで減速の兆しがみられるものの、昨年を上回る成長率が予想されています(図表2)。米国の1-3月期企業決算も、もともと高かった期待を上回るものが目立ちます。とはいえ逆に考えると、実体経済の堅調が確認されても株価が上がりにくいという事実は、やはり相場環境の変化や将来への不安を表わします。

「蚊帳の外」とならないために

市場や国際情勢に不穏な変化が押し寄せる今、もっと素直に喜んでよい変化もあります。すなわち、北朝鮮の姿勢軟化です。少なくとも日本が今すぐミサイルで破壊される可能性は、ほぼなくなりました。

27日の南北首脳会談、6月とみられる米朝首脳会談は、文字通り歴史的なイベントです。留意すべきは、「米国第一」のトランプ大統領が、日本には不都合な形で北朝鮮に譲歩する可能性があることです。

変化を受け入れるのは辛いものです。しかし現実を直視しないと、何事でも「蚊帳の外」でしょう。

図表入りのレポートはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会