グローバル化で何が起こるか?

2018/02/01

問題は「反グローバリズム」 

日米の株式市場は今週、一旦大きく下落しました。ただ、この動きは一時的な調整に終わる可能性が高そうです。主要国の景気が堅調であることに、特段変わりはないからです。スイスで先週開催された世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)でも、当面の経済に関し、総じて楽観論が表明されました。

ただしダボス会議の主要テーマは、グローバル化やテクノロジー化についてでした。この会議は「エリートのパーティ」とも冷笑されますが、グローバル化の促進などには、一応の役割を果たしています。この会議に今回登場したのが、「反グローバリズム」の象徴とも見なされる米国のトランプ大統領です。

救世主トランプ?

ところがトランプ氏は今回、粗暴な言葉を極力封印し、エリート(政治や経済界の首脳)らを安心させました。そうした「大統領らしい」トーンは、米議会で昨日行われた一般教書演説でも同様でした。

ただ、これらの演説ではトランプ氏らしいところもみせました。株高や雇用の回復など明るい面を、大げさにアピールしたのです。振り返ると、同氏は1年前の大統領就任演説で、米国の暗黒面を叫び立てました。それはまるで終末論のようでした。その国を、わずか1年で見事に救済したのでしょうか。

政治宣伝の手法は日米共通

そのようなトランプ氏のスピーチを聞き、感動の涙を流す人は少ないでしょう。都合の良いデータを取り出して「悲惨だった過去」と「輝ける現在」を対照させるのは、日本も含め政治の常とう手段です。

実際には、米国の経済成長率は昨年2.3%と、例年に比べ突出して高いわけではありません(図表1)。雇用の増加については、むしろ鈍化しています(図表2)。また、好景気が事実だとしても、政策のおかげではありません。大きな規制緩和はさほど実行されておらず、減税の効果についても今後のことです。

「強いドル」主義者へ転向?

ただし、トランプ氏にも良い部分があります。それは、たまには誤りを修正することがあることです。

例えば同氏は従来、ドル安を好んでいました。しかし先週、最終的には強いドルを望む、と言い出したのです。たしかに通貨価値は国の信用力を表わすので、ドル安と「偉大な米国」は矛盾します。これに気づいたのだとすれば、円安が良いという先入観を改めない日本の一部の人よりは、よほど素直です。

グローバル化→世界経済の成長→ドル安 

もう一つ、ひとまず好感されているのは、トランプ氏が反グローバリズムを抑えている点です。ダボス会議でも、米国だけの繁栄を目指すのではない、などと述べ、国際協調に歩み寄る姿勢をみせました。

反グローバル化や米国の「鎖国」が非現実的なのは、トランプ氏も知っています。自身がグローバル企業を率いてきたからです。米国の産業や家計は安価な輸入品の恩恵を得ていることも、よくわかっているはずです。事実、同氏の店舗(写真1)が扱う商品を調べたところ、多くがアジア新興国製でした。

グローバル化が続く以上、貿易などを通じ世界経済の成長も続くでしょう。その場合、投資資金は米国以外の国へ分散されます。そうした経済の基本論理は、トランプ氏の発言がどうあれ、簡単には変えられません。よって、ユーロや円などに対するドル安圧力は当分継続する、と予想するのが自然です。

図表入りのレポートはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会