「ハード・ブレグジット」は怖くない

2016/10/05

ハードかソフトか

当面の政治リスクと言えば、やはり11月の米大統領選挙が挙げられます。しかし、6月の国民投票で欧州連合(EU)からの離脱、つまり「ブレグジット」を選択した英国も、忘れるわけにはいきません。

今後の離脱交渉を経て、英国とEUの新しい関係はどのような姿になるのか、これが注目されています。

特にEU離脱がハードなもの(移民制限を優先)になるのか、ソフトなもの(EU市場へのアクセスを優先)になるのか、です。金融市場は、経済合理性を理由に「ソフト・ブレグジット」を望むでしょう。

メイ首相のスピーチ

7月に就任したテリーザ・メイ首相は、10月2日、これらに関し、重要なスピーチを行いました。

まず、これまで不明確だった交渉時期に関し「来年3月末までに開始」と明言しました。よっておそらく、2019年3月末までにEU離脱となります(EU基本条約上、交渉期限は原則2年であるため)。

何より印象的なのは、ブレグジットは英国の完全な主権と真のグローバル化をもたらす、との認識です。メイ氏は当初残留派でしたが、今や民意を受け入れ、試練をチャンスに変えようという覚悟のようです。

ハード・ブレグジットへ?

英国は、EUの一員であることで多くの経済的恩恵を受けてきました。半面、国内法よりもEU法が優先する状態を強いられています。EUから離脱すれば、たしかに、より自由な主権と独立が得られます。

「ハードかソフトか」については、そんな二分法は誤りだと首相は述べています。しかし英国の自由や独立を高らかに宣言すれば、「ハード・ブレグジット」へ傾くのが自然です。今般のスピーチでも、移民のコントロールが強調されました。これらを受け、ポンドは対ドルで約31年ぶり安値へ下落しました。

首相は、企業のEU市場へのアクセス維持(関税・規制の無障壁化)も主張しています。しかし「人・物・サービス・お金」のうち、「人」の移動を制限すれば、ほかの移動も当然、制限されるでしょう。

ハードな姿勢の背景

ハードと言える姿勢が示された背景には、景気が案外堅調であることや、国民の強い意思があります。

英国の企業や消費者の景況感は、国民投票直後こそ急落したものの、その後、急回復しています。ポンド安は長引きそうなので、それによって海外で稼ぐ企業の収益が膨らむとの期待もあります。

すなわち、国民投票で離脱派が勝てば不況になるという予想は、今のところ外れています。このため投票後も、一貫して離脱派が優勢です。その底流にある民意は、十分尊重されねばなりません。

ブレグジットとトランプ旋風との大きな違い

英国の民意とは、反移民感情や反エリート意識などです。この点、大統領選挙をめぐり動揺する米国と似ています。ただしブレグジットと米国の「トランプ旋風」との間にある、大きな違いも見逃せません。

つまりグローバル化に逆らうトランプ氏とは違い、ブレグジットは、メイ首相の言うとおりグローバル化を広げる可能性があります。EUの束縛を解けば、英国は非EU諸国との関係を深められるからです。よってハード・ブレグジットとなっても、世界経済全体としては、さほど怖れる必要はないでしょう。

 

印刷用PDFはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会