ブラジルの苦境とリオ五輪の教訓

2016/08/24

多くの試練の中で

リオデジャネイロで開かれたオリンピック(以下、五輪)は、予想を超える盛り上がりを見せました。

今回は、五輪そのものの意義が問われました。「金儲け主義」に加え、ドーピングや賄賂が横行しているからです。しかし「スポーツを通じた平和への貢献」という五輪精神は、まだ息づいているようです。

そして、五輪を終えて誰よりも安堵しているのは、開催国ブラジルの関係者でしょう。同国では今、経済と政治が危機的な状況にあるからです。本当に五輪を行えるのか、それを心配する人もいたほどです。

ブラジル経済の苦境

かつて持てはやされたブラジル経済ですが、ここ数年、ひどく落ち込んでいます。戦後最悪の不況と言えるでしょう。経済成長率は昨年、マイナス3.8%に沈みました。今年もマイナスでしょう。

同国は、鉄鉱石や原油、農産物の輸出大国です。しかし、経済の高度化や財政の健全化が遅れてしまいました。結果、商品価格の下落や最大の輸出先である中国の減速で、財政や経常収支が悪化したのです。

最大の問題はインフレです。それを抑えようと政策金利は14.25%まで上げられ、設備投資などを妨げています。だからと言って利下げに転じれば、通貨安・高インフレとなり、実質所得が減るでしょう。

政治も混乱

政治も混乱を極めています。ルセフ大統領は弾劾裁判中で、近々失職となりそうです。2014年の大統領選において再選を果たすべく(結局僅差で勝利)、財政赤字の「粉飾」を行った、との疑いのためです。

さらに、国営石油会社ペトロブラスをめぐり、ブラジル史上最大級の汚職事件が波紋を広げています。これには前大統領など多くの政治家が関与しているようで、経済運営の停滞や政治不信を招いています。

もっとも、法によって国の権力者を厳しく裁く、という点は、他国も見習うべきことかもしれません。

最悪期は過ぎつつあるが

ルセフ大統領の後、テメル副大統領が大統領へ昇格する見込みです。市場では、新大統領が財政再建などを進めると期待されています。これらにより、ブラジルの株価や通貨は今年、実は堅調です。

また、商品安は一服し、中国も回復傾向です。通貨レアルが下げ止まったので、インフレも落ち着きそうです。来年には、利下げが視野に入るでしょう。すなわち、ブラジルは最悪期を過ぎつつあります。ただ、財政緊縮を急げば国民の反発を呼ぶでしょう。五輪終了に伴い、雇用が減ることも懸念されます。

そして東京五輪へ-教訓は何か?

ブラジルの苦境を見ればわかるとおり、「五輪特需」によって開催国の景気が良くなるとは限りません。格差是正や教育、研究開発などに費やすべきお金が、巨大な施設などに投じられるだけのことでしょう。

財源不足のため、リオ五輪はシンプルに運営されました。開会式の費用は、ロンドン五輪の10分の1以下です。それでも、世界へ与えた感動において、リオがロンドンに劣っていたとは言えません。つまり豪華さを競っても、無意味です。経済危機の中でも五輪を成功に導いたブラジルは、図らずもそのことを証明しました。財政難にもかかわらず東京五輪に伴う支出が膨らみそうな、日本への教訓でしょう。

 

印刷用PDFはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ