「失敗の本質」と「脱GDP成長」

2016/08/16

遠のく成長目標

日銀の「物価上昇率2%」と同じく、政府の「実質成長率2%」という目標は、ほぼ達成不可能です。

4-6月期の実質国内総生産(GDP)は、前期比0.0%増(年率0.2%増)、前年比0.6%増にとどまりました。内容も冴えません。特に、個人消費は前期比でわずかな増加、設備投資は2期続けて減少です。

結局、現政権のもとで、日本経済の成長率は下がってしまいました。日本は超低成長との評判が定着し、今年も2%どころか0%台の成長率が見込まれます。最近決まった経済対策が進められても、0%台のままでしょう。それでも責任が問われないのは、日本国民が優しいからでしょうか。

幻想から諦念へ

あるいは「日本はもう成長できない」と諦めてしまったのでしょうか。そうなるのも当然かもしれません。アベノミクスの幻想に捉われていた人は、正気を取り戻すと、諦念の境地に入りたくなるでしょう。

幻想が振りまかれたのは、「ムード」を明るくすれば景気は良くなる、という説が信じられたからです。やたらと威勢のよいスローガンが掲げられるのは、そのためです。日銀が「期待」「コンフィデンス」「マインド」といった言葉を好んで用いるのも、経済とは「気持ちの問題」だという前提に基づいています。

そうした政策姿勢への配慮のためか、多くの言論人は、政府や日銀への批判を自粛しました。そしてそのような尽力のおかげで、アベノミクスが始まった2013年頃、浮ついたムードが世の中を覆いました。

失敗の本質は何か?

にもかかわらず日本経済は、株価と為替を除けばほとんど何も変わりませんでした。経済とは、単なる気持ちの問題ではなかったのです。つまり、成長率の低下には、実体的かつ合理的な理由があります。

日本の場合は、もちろん、少子高齢化・人口減少、および経済の成熟化(インフラや必需品がすでに普及)です。また、革新的な技術や製品が少なくなったことが、国際的な存在感の低下につながりました。

それらに関し、現政権は本気で取り組んだとは言えません。一方、非合理的なムードを高揚させることには、あらゆる手段(報道干渉など)が使われました。すなわち、経済は本来、かなりの程度合理的です。しかし現政権のもとでは、非合理的なことに力が注がれたのです。これこそが「失敗の本質」です。

それでも日本は恵まれているが

低成長でも日本は、比較的平和で豊かな国です。また、日本株は、日本全体のGDPとは連動しません。したがって、日本は0%台の成長率が精一杯だが、それで十分、という考え方も、誤りではありません。

ただし、この場合、二つのことを考える必要があります。第一に、高い経済成長率を前提につくられた、現行の社会保障制度は見直さなくてはなりません。たとえば、富裕層の増税・年金減は必須でしょう。

第二に、アジア新興国などの進化速度は凄まじく、数年で違う国のようになります。そうした中で停滞する日本が一目置かれるには、「脱GDP成長」に向け、新たな価値観を樹立すべきでしょう(なお、計算法を変えてGDPを良く見せても、統計が信用を失うだけです)。これらを怠り無為に過ごしてきたのが、アベノミクスの3年半でした。「道半ば」などと、悠長なことを言い続ける余裕はもうありません。

 

印刷用PDFはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ