日米株価が波乱の展開に:しかし、恐れるに足らず

2021/10/07

相場変動

金融市場は、必ずしも理屈どおりに動くわけではありません。米国や日本などの最近の株価変動(図表1,2)も、やや理解に苦しみます。だだし、この変動については、多くの理由を挙げることができます。

まず、米国などのインフレ(物価上昇)、金融緩和の修正観測、それらに伴う米国の長期金利上昇です。その一方で、コロナウイルスの感染が続いていることなどから、世界景気の勢いは、今年後半には失速気味となっています。さらに、中国の不動産市場や米国の財政をめぐる混乱も、投資家を警戒させています。

行き過ぎ

それらを背景に、米国株は9月以降、ボラティリティ(変動性)が大きく高まっています。代表的な株価指数、S&P500については、9月2日につけた史上最高値に比べ、足元4%ほどの下落となっています。

ただ、昨年来の株高も、やや行き過ぎでした。S&P500は、ウイルス問題が表面化する前の2020年の年明けと比べ、9月2日には約4割も上昇したのです。これは相当程度、利下げなど、米連邦準備理事会(FRB)の金融緩和によるものです。緩和の修正に対し投資家が身構えるのは、当然だと言えます。

日本変調

もともと不可解な動きをしがちな日本株は、最近も、米国株以上に大きく変動しています。日経平均株価は、8月下旬の2万7千円近辺から、9月中旬に3万円台へ急伸した後、2万7千円台へ戻りました。

これは、米国株と共通の変動要因に加え、主に日本の政治情勢によるものです。9月上旬、菅氏による自民党総裁選の不出馬表明を受け、国内の閉塞感が打破されるとの期待から、株価が大きく上昇しました。ところが9月下旬に岸田氏が総裁選に勝利すると、期待が一服または後退し、株安が一時加速しました。

政局要因

菅氏の退陣を歓迎した株高、岸田新政権への移行を受けた株安は、いずれも不可解です。特に岸田首相の誕生は、十分に予想されたことです。よって、その誕生を株安材料にするのは、合理的ではありません。

ただ、岸田新首相は、「成長と分配の好循環」を標ぼうするなど、格差是正に前向きです。この点は、アベノミクスの修正を意味します。しかし、所得分配により中間層の購買力を高めた方が、経済成長に寄与するはずです。また、アベノミクス時からの超金融緩和については、岸田政権下でも、ほぼ不変でしょう。

インフレ

そのため、政局要因による日本株の変動は、早晩、落ち着くと予想されます。そして、世界の経済や政策に左右される、日本株の普段の姿に戻りそうです。中でも現実的なリスクは、世界的なインフレです。

足元のインフレは、天然ガスなどエネルギーの不足や、部品供給網の混乱などのためです。これは米国などの金融緩和では解決できません。インフレが懸念される中、必要なのはむしろ金融引締めです。そうした観測で米国株などが一旦下落するのであれば、それは理屈にかなっており、健全な相場調整でしょう。

図表入りのレポートはこちら

https://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ