苦しい五輪を終えて:温暖化問題を考える契機に

2021/08/16

温暖化が確実に進行

東京五輪は最後まで開催意義が不明でしたが、明白なのは、時期や環境は最悪だったということです。変異ウイルスの爆発的拡大とタイミングが重なったほか、地獄のような暑さが選手たちを苦しめたのです。

日本の酷暑は(最近の大雨も)、地球の温暖化傾向(図表1)と無関係ではないでしょう。世界的にも、異常気象やそれが原因とみられる自然災害は、明らかに増えています。7月には、中国やドイツなどで大洪水が発生し、多数の犠牲者が出ました。また現在、米国やギリシャなどで、山火事が広がっています。

温暖化と災害の関係

大洪水を引き起こしているのは、記録的な大雨です。そして大雨の頻発は、温暖化により、大気中に含まれ得る水蒸気量が増えていることが一因、と言えます(気温の1℃上昇で、飽和水蒸気量が6~7%増加)。

山火事についても、温暖化が大きな原因の一つであることは、ほぼ間違いありません。熱波などで草木が乾燥し、山や森林で火が広がりやすくなる、といった関係が考えられるからです。また、米国などの場合、発火をもたらすのは主に落雷ですが、落雷の増加に関しても、気温の上昇が影響しているようです。 

欧米の取組みが加速

相次ぐ自然災害に直面し、気候変動問題への各国の取組みも、一段と熱気を帯びています。以前から熱心なのは欧州ですが、米国でも、今年1月に発足した現政権が、この問題に正面から向き合っています。

7月には、欧州委員会が意欲的な計画を掲げました。2030年の温室効果ガス排出量を、1990年に比べ55%削減するというのです。米バイデン政権が目指すのも、その大幅な削減です。これを推進すべく、同政権は、環境対策などを柱とする3.5兆ドル規模の支出計画を、今後数か月以内に成立させる意向です。 

金融政策と環境問題

金融政策においても、環境問題が考慮されつつあります。主導するのは、やはり欧州中央銀行(ECB)です。検討されているのは、ECBによる社債購入時、環境対策に注力する企業を優先、などの措置です。

ECBほどではないにせよ、米連邦準備理事会(FRB)や日本銀行も、環境問題に言及することが増えています。中央銀行の使命は、物価の安定を通じ国民生活を支えることですが、気候変動はそれらを脅かす恐れがあるためです。例えば、異常気象で農産物が凶作となれば、食品価格の高騰をもたらします。

本当の希望と勇気を

相場の格言は「中央銀行に逆らうな」です。その中央銀行が、気候変動への問題意識を高めているのです。したがって、株式投資などに際しても、環境対策を真摯に行う企業に着目するのが賢明、と言えます。

各政府の温室効果ガス(二酸化炭素など、図表2)削減努力も、まさに急務です。この目標を引き上げるための国際会議(COP26)が11月、英国で開催されます。これこそは今年最重要のイベントであり、その意義は明確です。よって、COP26が成功すれば、本当の「希望と勇気」を世界中に届けるでしょう。

図表入りのレポートはこちら

https://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ