東方の光:それは日本か、それとも中国か?

2021/07/12

日本の栄光、そして停滞

日本は、このままでは、異例な国として世界史に記されるでしょう。30~40年ほど前、米国を慌てさせるほどの勢いがあった日本経済は、今や停滞の象徴なのです(図表1)。歴史上、珍しいほどの転落です。

経済以外でも、日本の劣化が露見しています。特にコロナウイルスへの対処では、ワクチン接種の手際の悪さなどが、国民をいら立たせています。また、疫学の専門家らの警告を軽視し、五輪へ突進しています(ほぼ無観客になりそうですが)。「仕事が丁寧」「科学立国」といった日本の評判は、地に落ちました。

その夢、中国が引き継ぐ

約30年前の日本では、この東方の国が世界の中心になる、という「預言」すら聞かれました。今となっては、昔日の感に堪えません。しかし、東洋は永遠に西洋の後塵を拝する、とは、決して言えません。

なぜなら、東洋の大国、中国が、本領を発揮しつつあるからです。すでに経済、科学、軍事におけるその勢いは、米国などの保守派をパニックに陥れています。しかも中国は、自国の体制に関し、頑固なプライドを持っています。この点が、西洋式民主制を表面的に模倣した戦後日本との、極めて大きな違いです。

中国包囲網は可能なのか?

それだけに、米国にとって現在の中国は、かつての日本とは比較にならないほど、手ごわいライバルです。そのため米国の現政権は、欧州、さらには日本などをも巻き込んで、中国に対抗しようとしています。

しかし「中国包囲網」が成功する公算は、大きくありません。ドイツやフランス、日本などの政府は、強硬姿勢をとることに対し、慎重であるからです。自動車やブランド品を扱う欧州や日本の企業にとって、中国は重要な市場です(図表2)。よって欧州や日本は、対中政策の面で、米国とは距離を置くでしょう。

欧米の間にも大きな差異

欧州が米国への追従をためらうことについては、ほかの理由もあります。欧州は、約80年前の第2次世界大戦で、壊滅的な打撃を受けました。一方、米国の被害は、特に本土では、大きくありませんでした。

大戦の対立軸は、「民主主義(米英など)vs全体主義(独伊日など)」というものでした。米国の現政権が掲げるのも、「民主制(米欧日など)vs専制(中露など)」という、似た構図です。しかし、そうした単純な図式は、世界の分断を深めます。大戦の記憶がまだ残る欧州では、その危険が警戒されているのです。

望まれるのは東西の均衡

そういった欧州諸国の警戒感、および経済のグローバル化により、世界の完全な分断という事態は、幸いにも避けられそうです。ただし、「米国vs中国」というライバル関係は、今後10年間は続くでしょう。

これは、必ずしも悪いことではありません。一つの国が圧倒的な覇権を握ると、おごりが生じ、自国式の思想や体制を他国に押しつけます。そのような横暴を防ぐには、米国と同等以上の経済力を持ち、東西の間に均衡を生む東洋の国が、是非とも必要です。そうした国になり得るのは、日本ではなく、中国です。

図表入りのレポートはこちら

https://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ