原油が高い:「石油の時代」は終わっていないようだが

2021/06/28

世界経済は危機脱出

世界経済はコロナウイルスに翻弄されましたが、さしあたり危機を脱したようです。その象徴は、原油価格です。それは昨年春の急落後、大幅に上昇し、現在の水準は感染流行前を上回っています(図表1)。

要因は、米中に主導された世界景気の回復に伴い、発電・輸送・生産用の石油需要が増えていることなどです。また、OPEC(石油輸出国機構)など産油国が、昨年の急落後に減産を決めたことが、供給面から価格を支えています。OPECは今、減産幅を縮小しつつあるものの、大幅な増産には依然慎重です。

石油企業にも追い風

原油高は、産油国の歳入を増やし財政を改善するので、その点では世界経済の安定に寄与します。また、それは石油企業の収益を増やすので、それらの株高を通じ、昨年春以降の世界株上昇に貢献しています。

ただ、各国で環境意識が高まる中、石油企業の成長性には、以前から疑問符が付けられています。そのため、欧米石油メジャー(最大手)の株価は、感染前から、他業種に比べ冴えませんでした。とはいえ、原油価格の上昇に伴い、昨年の急落後は大幅な株高を示しています。株主らにとって、ひとまず朗報です。

原油高騰とインフレ

しかし原油価格は、世界中の物価や生活に対し、多大な影響を与えます。その高騰は、ガソリン、プラスチックといった石油製品や電気などの値上がりを通じ、インフレ(物価上昇)を加速させかねません。

例えば、ユーロ圏では、5月の消費者物価指数が前年比プラス2.0%と、2年超ぶりの高い伸びを示しました。その大きな部分は、エネルギー価格の上昇によるものです(実際、エネルギーを除くとプラス0.9%)。生活者にとって重要なのはエネルギー価格を含む物価であり、その急上昇は家計を圧迫します。

当面さらに原油高か

このように、原油高にも、良い面と悪い面があります。したがって、原油価格に関して最も望ましいのは、昨年春のような急落が再発することのない一方、現行水準からの上昇も限定的、というシナリオです。

ただし当面は、原油高圧力の方が、やや優勢と考えられます。引き続き、ワクチンの普及などによる世界景気の回復傾向が、石油の需要と価格を支えると予想されるからです。もっとも、サウジアラビアなどの増産余力は大きいため、段階的な増産が石油の総供給を増やし、過度な価格上昇を抑える見通しです。

長期的には脱石油へ

再生可能エネルギーが普及してきたとはいえ、石油は依然、エネルギーの主役です(図表2)。それでも、採掘・燃焼時に温室効果ガスを排出する石油については、生産と消費を抑制するのが人間の責務でしょう。

投資家も、石油の将来に懐疑的です。先月には、メジャーの一つ、米エクソンモービルの株主らが、石油依存のビジネスの変更を求め、複数の取締役選出に成功しました。こうした投資家の圧力は、今後ますます強まるはずです。そのため、最近の原油高は、石油産業の明るい未来を約束するわけではありません。

 

図表入りのレポートはこちら

https://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ