バイデン米大統領の目覚ましい100日(後編)

2021/05/10

外交でバランス感覚を発揮

歴代の米政権は、「大統領就任後100日間」に、多大なエネルギーを注ぎます。それだけに、この100日間の実績は、政権の基本姿勢や政策実現力を如実に表します。そして、その後の展開を強く示唆します。

バイデン新大統領の「100日間」が示したのは、同大統領のバランス感覚です。それは特に、外交関連において鮮明です。例えば、ロシアやイランに対しては、経済制裁を続けるとともに、対話も呼びかけています。中国については、人権問題などで非難すると同時に、気候変動問題では協調の道を探っています。

中国に関しては劇的な変化

中国との関係では、貿易問題においても、前政権との相違が明白です。トランプ前大統領が「ツイート」で高関税措置を乱発したのに対して、バイデン氏の場合、そのような衝動とは全く無縁、という点です。

米欧や日本のメディアは、対中姿勢に限れば、バイデン政権はトランプ前政権と同じ、あるいは、むしろ厳しい、と言います。たしかに、人権問題ではそのとおりです(予想されたことですが)。しかし、金融市場の観点では、「ツイート」に翻弄されなくなっただけでも、政権移行に伴う、良い方向への激変です。

人種間の亀裂修復でも前進

劇的な変化は、ほかにも多数指摘できます。例えば、トランプ氏は、国内の分断をあおりました。一方、バイデン氏は、人種や党派などの違いを超えて結束すべきことを、大統領就任前から力強く訴えています。 

特に人種問題で傷ついた米国を「治癒する」のが、使命の一つです。手始めにバイデン氏は、閣僚人事で、多くの非白人を起用しています。また、昨年から目立っているアジア系住民を標的とした暴力に対し、バイデン氏は、厳しく非難しています。同氏のそうした姿勢は、アジア人である日本人も歓迎すべきです。

しかし移民政策では低評価

しかし、新政権の100日間は「100点満点」とは言えません。減点分の多くは、移民に関連します。より寛容な移民・難民政策を、とバイデン氏は約束しましたが、これに関し、評価が低いのです(図表1)。 

実際、バイデン氏は、多方面から批判されています。リベラル派は、移民への配慮が不十分、と言います。他方、保守的な人は、中南米などからの移民にバイデン氏は甘すぎる、と憤っています。同氏には今後、人権尊重に立つ移民・難民受入れと、現実的な移民抑制策との間で、微妙なバランスが求められます。

「100日」以降が真の試練

移民をめぐる世論の分断が示すように、米国に結束を取り戻す、というバイデン氏の目標は、実現には程遠い状況です。むしろ、党派による亀裂は、トランプ政権時よりも深まっているのが現実です(図表2)。

目先の課題に注力すべき「100日間」経過後、与党内でも、思想の違いが表面化しそうです。よって、これから審議が本格化するインフラ投資・増税策も、円滑に成立するとは限りません。とはいえ、ウイルス対策や経済対策における現政権「100日間」の目覚ましい実績は、今後のさらなる革新を予期させます。

 

図表入りのレポートはこちら

https://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ