共存の哲学:株高とワクチンとウイルスと・・・

2021/02/22

市場の楽観

 コロナウイルスが世界的な関心事になり、約1年が経過しました。その感染は収まっておらず、少なくとも今後数年間、「終息宣言」はまず無理でしょう。とはいえ、人類は、決して絶望に陥っていません。

それどころか、金融市場では、楽観ムードが優勢です。特に株価は世界的に上昇し、日経平均株価(図表1)は今月、30年半ぶりに3万円を突破しました。昨年3月、感染が欧米にも広がり、市場がパニックに陥ったとき、これほどの株高を予想した人は、「能天気な人」というレッテルを貼られたはずです。

バブルか?

この株高には多数の根拠があるため、極端なバブルとは断言できません。つまり、世界的な金融緩和、米国などでの財政による景気対策、ワクチンの段階的普及、オンライン関連需要の堅調持続、などです。

それらによって景気や企業業績が改善する、といった見通しが維持される限り、株高を正当化するのは可能です。また、コロナウイルスの感染が続いたとしても、経済活動が完全に麻痺するわけではありません。その点が最近の経済指標などで確認され、極度の警戒が和らいだことも、株高を支えています。

経済は回る

実際、昨年は大半の国がマイナス成長だったとはいえ、壊滅的というほどではありません。特に後半は、感染第2波、第3波に襲われたにもかかわらず、比較的小幅なマイナスで済んだのです(図表2)。

これは第一に、感染で大打撃を受ける業種は、経済の全体を表すわけではないからです(例えば、日本では、宿泊業・飲食サービス業の就業者数は全体の約6%。ただ、そうした業種への支援は必要)。また、外食などへの支出が減れば、その相当部分は他の支出に回るので、経済全体の支出減は限定的です。

一種の諦念

第二に、いま多くの国は、昨年春に比べると、厳格なロックダウンの実施に対し消極的だからです(ドイツなどを除く)。背後にあるのは、このウイルスとは長く共存するしかない、という一種の諦念です。

 たしかに、ワクチンの普及には、かなりの時間と資金を要します。よって、世界中の人が十分な免疫を得るのは、相当先のことでしょう。しかし恒久的なロックダウンは非現実的なので、適度な対人距離確保とワクチンの段階的接種で重症者を減らし、医療崩壊を防げばよい - これが欧米などの論調です。

戦いは長期

ウイルスは、種としての存在を保つべく、次々に変異します。中には、既存のワクチンがあまり効かないものもありそうです。そのため、人類とコロナウイルスとの戦いは、まだ序盤なのかもしれません。

ウイルスに勝利した!と宣言できるのは、発展途上国でもワクチンが普及し、かつ、それが全ての変異種に有効だったときです。その確証が得られるのは、最短でも数年先のことでしょう。よって、「今年夏の東京五輪を人類がコロナに打ち勝った証に」とは、どんなに能天気な人でも、さすがに言えません。

 

図表入りのレポートはこちら

https://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ