台湾モデルvs日本モデル:なぜ大差がついたのか?

2020/12/14

コロナウイルスによる死者の数で大きな差

「日本モデルの力」は幻影でした。5月、コロナウイルス第1波を抑えたように見えた日本ですが、より大きな波が来た現在、途方に暮れているのです。一方、正真正銘の成功例が「台湾モデル」です。

台湾では、このウイルスによる死者数が現在7人です。人口が2,400万人弱と日本の約5分の1である点を考慮しても、驚異的な実績です(日本国内の死者数は12月13日時点で2,601人)。経済も正常化に近づき、今年の国内総生産(GDP)は、昨年を上回りそうです(日本のGDPは大幅減の見込み)。

台湾は緩やかなロックダウンで感染を抑止

コロナウイルスの感染抑止に関しては、台湾以外にも、中国、ニュージーランド、ベトナムなどが高く評価されます。ただし、それらの国々と比べても、台湾は、感染抑止の手段において際立っています。

つまり台湾は、ロックダウン(様々な活動制限)を最小限にとどめつつ、感染を制御したのです。外出や営業の「自粛要請」などからなる日本モデルと比べても、台湾の活動制限は緩やかでした(図表1)。このため景気の減速は一時的で(図表2)、また、人々のストレスも、さほど溜まらなかった模様です。

台湾モデル成功の鍵は速やかな決断と対策

台湾モデルの特徴は、対応の素早さです。中国で新型肺炎発生の噂が出た昨年末、台湾の衛生当局は、即座に警戒態勢に入ったのです。そして入国制限や、感染が疑われる人の隔離を、迅速に行いました。

隔離とは、台湾居住者の場合、家族や飼い犬を含む2週間の自宅待機です。その遵守を当局が管理するにあたっては、隔離対象者が保有するスマートフォンの位置情報も用いられました。プライバシーの問題が無いとは言えないものの、生命維持という他者の人権を守る上では、必要な措置かもしれません。

過去の経験および経済構造も台湾に有利に

台湾の対応には、過去の経験も生かされています。2003年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)で、台湾は73人の死者を出しました。それを受け、感染対策の手順がすでに整備されていたのです。

経済面でも、台湾の強みが発揮されました。電子機器産業が優れているため、世界のオンライン化で、パソコンなど台湾製品への需要が増えたのです。かつ、輸出先のうち中国・香港が約4割を占める点も、効を奏しました。中国の景気が先駆けて回復したので、台湾から中国への輸出が極めて堅調なのです。

日本モデルの限界を謙虚に認め台湾に学ぶ

中国側も、半導体供給などで台湾に頼っています。よって、中台の緊密な経済関係は、引き続き維持されるでしょう。ウイルス対応が示す決断力や技術力を見ても、台湾経済の未来は明るい、と言えます。

日本の場合、感染が爆発的に広がる現在、台湾式のきめ細かい隔離策などは、もはや困難かもしれません。それでも「感染抑止で最も効果的なのは、迅速で果敢な対応」との教訓を、台湾モデルの成功から学ぶべきです。「GoTo」でも迷走する優柔不断な日本モデルでは、コロナウイルスに打ち勝てません。

 

図表入りのレポートはこちら

https://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

コラム&レポート Pick Up

このページのトップへ