期待が確信に:RCEPが示すアジア時代の到来

2020/11/25

アジアはコロナウイルスを比較的制御

今世紀はアジアの時代、という期待は、以前から膨らむ一方です。今年、それを確信へ変える出来事が、いくつも起こっています。まずコロナウイルスに関し、欧米よりも制御されていることです(図表1)。

幸運にもアジアは、このウイルスへの免疫力が比較的強いようです(ただ、理由は不明。また、日本などでは現在、感染急増)。そしてウイルスの感染制御に伴い、中国などの景気は、いち早く回復しています。ただし、それらのことだけでは、アジアの医療や「民度」が特別に優れている、とは言えません。

アジア経済の統合深化を表すRCEP

しかし今月中旬、アジアがもっと素直に誇れることが起こりました。約8年の協議の末、広域の貿易・投資協定である「地域的な包括的経済連携(RCEP、アールセップ)」が、ついに署名に至ったのです。

RCEPが表すのは、アジア経済圏の統合深化です。参加国は、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国、中国、日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドの計15か国です。国々の批准後これが発効すれば、総人口や総生産で世界の約3分の1を占める、巨大な自由貿易圏が実現します(図表2)。

RCEPによる関税撤廃で貿易を促進

ただしRCEPは、政治統合も見据えた欧州連合(EU)のような枠組みとは異なります。また、環境基準の標準化なども定める環太平洋パートナーシップ(TPP)協定と比べても、緩やかな連携です。

とはいえ、RCEPが目指す関税の撤廃、税関手続きの簡素化で、域内貿易は相当拡大するでしょう。関税については、品目数で約9割の工業製品・農林水産品への関税が、20年間をかけて順次撤廃されます(米、乳製品などは除外)。直ちに効果が目に見えるわけではないものの、極めて意欲的な協定です。

摩擦にもかかわらずアジア結束は可能

特に日本にとって、RCEPは中国や韓国との初の経済連携協定です。よって、相互のさらなる貿易活性化が期待できます。同時に重要な点は、アジアの結束が可能である旨を、世界に示したことです。

アジア内でも、安全保障や政治の面では、対立や摩擦が見られます。南シナ海をめぐる中国・東南アジアの対立、歴史認識に関する日韓の摩擦などです。しかし、世の中を動かすのは特に経済面の考慮であり、したがってアジアの結束は十分可能です。それを鮮やかに実証しているのが、RCEPなのです。

自由貿易の推進でアジアが世界を主導

ただ、RCEPには、残念ながらインドが不参加となりました。背景にあるのは、中国製品の流入に対する国内産業の警戒感です。インドの参加を求め続けた日本政府の尽力は、不首尾に終わりました。

それでもRECPの署名は、歴史的な快挙です。いま欧米などでは、保護貿易や反グローバリズムの動きが絶えません。しかしその対極をなす自由貿易や国際連携は、全く途絶えていません。RCEPを通じ、そのことを世界に告知したアジアは、今後ますます、人類の繁栄をリードするに違いありません。

 

図表入りのレポートはこちら

https://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ