中国復活:「良い知らせ」? それとも「嘘」?

2020/10/26

2期連続のプラス成長

いま、良い知らせが二つあります。第一に、米欧の経済・政治をめぐる先行き不安にもかかわらず、金融市場はさほど混乱していないことです。第二に(一つめにも関連しますが)、中国経済の復活です。

中国の劇的な景気回復については、現地の活況を伝える多くの報道に加え、一連の統計が示しています。特に実質国内総生産(GDP)は、今年1-3月期に落ち込んだ後(前年比6.8%減)、4-6月期には早くもプラス成長に転じました(同3.2%増)。そして7-9月期、伸びが加速したのです(同4.9%増)。

GDPは実態を相応に反映

しかし、中国政府発表のGDPは、「嘘」ではないのでしょうか(他国のGDP統計も完璧ではありませんが)。その答えは、「嘘とは言えず、GDPは大まかな景気動向や中国経済の実力を表す」でしょう。

この点、米サンフランシスコ地区連銀による最近の分析では、過去のGDPのうち約半分は実態より過大評価、残りは過小評価とのことです。つまり中国GDPは、目標を下回った場合は過大に、目標を上回った場合は過小に発表されているものの、傾向としては実態から大きくは乖離していないようです。

他国の貿易統計が裏付け

中国経済の復活は、他国の貿易統計からも明らかです。4-6月期以降、中国景気の回復を主導したのは輸出ですが(図表1)、その増加は、中国からの輸入増を示す米国などの統計で裏付けられるのです。

中国の輸入も増えており、これこそは景気回復の証拠です(好況→他国の物品への需要増)。そして中国の輸入増は、中国への輸出増を示す米国などの統計と整合的です。日本の輸出も、中国向けの回復が際立っています(図表2)。よって、中国が他国に先行して景気回復期に入ったのは、間違いありません。

消費の活況も疑う余地なし

輸出に比べ冴えなかった中国の消費も、9月の小売売上高が前年比3.3%増となるなど、持ち直しの動きをみせています(図表1)。10月の大型連休(国慶節)中も、買い物や国内旅行が盛況を呈しました。

中でも好調なのが中国国内の自動車販売で、9月の販売台数は同12.8%増です。その好調さは、ドイツや日本などのメーカーによる販売実績で確認できます。また、衣料品や食関連などについても、中国市場の最近の活況は、現地で展開する外資系企業(例:「ナイキ」「ドミノ・ピザ」)が証言しています。

ウイルス危機も見事克服

中国景気の回復は、コロナウイルスの感染を抑えた結果です。これに関しても、信じてよいでしょう。もし感染が拡大していたら、現地に住む多数の外国人などを通じ、情報が世界に漏れるはずだからです。

つまり、中国が経済と健康の危機を乗り切ったことは、現場を知る企業や人に聞けば容易にわかります。たしかに所得格差や地方政府などの債務は、この危機の中で一段と拡大しました。しかしそうしたリスクを勘案しても、中国経済の復活は、世界経済や金融市場の安定に資する、極めて良い知らせです。

図表入りのレポートはこちら

https://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ