米流ドラマ:「正義」はどちらに?

2020/08/31

米国の各党が全国大会を開催

多くのハリウッド映画では、「善と悪」がはっきり区別されます。米国の政治も、そのような二元論が鮮明になる一方です。問題は、二大政党の双方が、自らが善で相手が悪、と固く信じていることです。

8月後半、各党が4日間にわたる全国大会を開催しました。そして、民主党はバイデン氏、共和党はトランプ氏を大統領候補として正式に指名しました。それ自体は儀式的なものですが、その際のスピーチなどは非常に重要です。ここで双方が表明したのは、やはり、邪悪な敵を倒そうという決意でした。

民主党は希望と団結を前面に

先に開催された民主党大会は、ほぼオンライン方式で行われました。その最終日、バイデン氏は力強い指名受託演説を行い、「私は闇ではなく光の側」と述べたのです。「闇」とはトランプ陣営のことです。

ただし、バイデン氏が多用した言葉は「希望」や「団結」です。人種や所得、支持政党で分断された国に団結を取り戻す、という点は、大会を通じたテーマでした。それは、非白人のハリス氏を副大統領候補に指名したことや、この大会で、複数の共和党員がバイデン氏支持を表明したことに表れています。

バイデン氏の重点施策

政策面では、コロナウイルス対策に加え、環境問題への取組みが注目されます。新エネルギーへの移行過程で何百万人もの雇用が創出されるので、気候変動はむしろチャンス、とバイデン氏は言うのです。

また、同氏は「経済の不正義」に言及し、超富裕層や大企業に有利な現行税制の見直しを示唆しました。これは金融市場の懸念材料です。一方、「中国」に触れたのは、今回のスピーチで1回だけでした(医療備品に関し中国依存を脱する旨を主張)。摩擦をあおる発言が一切なかったのは、市場の好材料です。

共和党は礼賛と非難に終始

次に開催された共和党大会は、対照的なものになりました。人が集まる形式も併用されたこの大会では、参加者の偏りが目立ったのです。特に多かったのは、トランプ氏の親族一同によるスピーチです。

それらの内容は、トランプ氏の実績(コロナウイルス流行前は経済が好調だったことなど)への礼賛と、民主党やバイデン氏への非難に終始しました。バイデン氏は邪悪な「極左」に取り込まれており、もし同氏が大統領になったら犯罪やデモが激化し米国は破滅する、というのがトランプ陣営の主張です。

これは最終回ではない

具体的な政策については、トランプ氏は迫力不足です。4年前の選挙戦での「メキシコとの国境の壁」「中国製品への一律高関税」のような、強烈な印象を与える(良し悪しは別)メッセージが足りません。

ただ、大領領選の行方はまだ不確かです。バイデン氏優勢とはいえ(図表1)、地方の保守層による危機意識などを背景に、トランプ氏の支持率は下げ止まっているのです(図表2)。いずれにせよ、双方が相手を悪と決めつけている限り、「正義」をめぐって争うドラマは、選挙後も続編が展開されるでしょう。

図表入りのレポートはこちら

https://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ