舞台は新興国:コロナウイルス問題は正念場に

2020/07/20

感染中心地の変転

今年2月頃まで、コロナウイルスは中国など主にアジアの問題と思われました。しかしその後、感染の中心地は欧州へ移行しました。これも変化し、6月以降の中心地は、米国と多くの新興国です(図表1)。

いま主舞台となっている国々には、ほぼ共通の点があります。ロックダウン(外出・移動の制限、休業など)で感染を一旦抑制したものの、その緩和や解除に伴い、感染が再加速しているのです。しかし、経済や社会への影響の大きさを踏まえると、全面的なロックダウンを再導入するのは、事実上困難です。

特に資源国は苦戦

とはいえ、感染抑止において、ロックダウンは有効でしょう。よって、地区や業態、時間帯を限定してそれを行うのが、最近の主流です。実際、インドや南アフリカなどでも、そうした動きがみられます。

いずれにせよ大半の新興国は、少なくとも向こう1年間、景気浮揚に苦戦しそうです。感染対策の結果、または奇跡的に自国のウイルス感染が収まったとしても、世界景気や資源価格に翻弄される状況は続くでしょう。中東、ロシア、中南米などの場合、資源(原油など)の輸出への依存度が高いからです。

東南アジアも安泰でない

東南アジアの場合、財政などが総じて堅固である上、コロナウイルスの犠牲者は、比較的少数です(中でもベトナム、タイ、カンボジアなど仏教徒の多い国。ただ、文化・宗教と死亡率との因果関係は不明)。

しかし、東南アジアでも、海外からの観光客や出稼ぎ労働者の送金が激減しています。また、中国経済も正常化には至っていません。これらより今年は、新興国全体の成長率がマイナスに沈みそうです(比較可能な1980年以降初、図表2)。新興国全体では成長して当然、との見方は、修正せねばなりません。

金融市場はひとまず安定

それでも新興国を含む世界の金融市場は、3月に大荒れとなった後、かなりの程度、安定感を回復しました。主要な新興国通貨も、対ドルで底堅い動きをみせています(アルゼンチンペソなど一部を除く)。

これについては、米国の超金融緩和により、ドルが潤沢に供給されていることが寄与しています。さらに、20か国・地域(G20)は4月、低所得国の対外的な債務に関し、少なくとも今年末まで返済猶予に応じる、との方針で合意しました。こうした国際協調の動きも、金融市場でひとまず好感されました。

最大の問題は貧困の深刻化

ただ、最も危惧されるのは貧困層の状況です。世界人口に占める極貧層(1日1.9ドル未満で生活)の比率は、過去20年ほど低下傾向にありました。今年の世界不況で、それが上昇に転じる見通しです。

貧困層の増加は、人道に反するだけでなく、これに伴う不満の蓄積は、政治や経済の不安定要因になります。したがって、コロナウイルスの中心地が、貧困層の多い新興国(並びに世界経済の基軸である米国)へ移った今、ウイルスとの闘いにおいて、世界は大きな正念場を迎えたと言わねばなりません。

図表入りのレポートはこちら

https://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ