覇権への道:中国は本当にコロナショックの勝者なのか?

2020/04/21

先駆けて最悪期から脱出

新型コロナウイルスが最初に流行した中国は、その最悪期をひとまず脱しました(図表1)。適切な措置を断行すれば、このウイルスは抑止できるのです。それを証明した中国は、やはり驚嘆すべき国です。

しかし、中国も決して安心はできません。ほかの国でウイルスの流行が続く限り、その「逆輸入」で国内の感染が再燃する可能性はなくなりません。また、ロックダウン(都市間移動や外出の禁止など)はおおむね解除されたとはいえ、経済活動が平常時の水準に戻るには、まだかなりの時間が必要です。

コロナショックは全てを変える

事実、中国の人々も外出には依然慎重で、可能な限り在宅勤務を続けています。多くの大型店舗も、まだ閑散としています。少なくとも有効なワクチンが普及するまで、ウイルスへの恐怖は残るのです。

このことは、正常化を目指す他国にも貴重な示唆を与えます。第一に、ロックダウンを緩和したからと言って、直ちに経済が劇的な回復をとげるわけではありません。第二に、コロナショックは一過性のものではなく、各人の考え方・学び方・働き方、人との接し方に対し、持続的な影響を及ぼすでしょう。

中国方式の勝利なのか

コロナショックは、世界の覇権争いに関しても重大な意味を含んでいます。逆説的なのは、ウイルス発生地とされる中国が、この危機を経て、むしろ自国の政治・経済体制への自信を深めていることです。

実際、危機対応では、欧米の民主制よりも、中国の強引な政治体制の方が効率的なのかもしれません。また、国・企業・銀行の一体性が強い中国では、中央銀行や国有銀行による企業の金融支援が比較的容易です。よって中国は、欧米や日本ほどには財政赤字を膨張させずとも、経済危機を回避できそうです。

民主制の敗北とは言い切れない

とはいえ、中国の覇権への道は平たんではありません。1-3月期の経済成長率は、前代未聞の落ち込みを示しました(図表2)。4-6月期は欧米向け輸出の不調に圧迫され、緩慢な回復にとどまりそうです。

コロナウイルスへの対処についても、中国の勝利、欧米式民主制の敗北、とはまだ言い切れません。欧米に希望を与えているのが、民主国である韓国と台湾です。特に韓国は、広範囲の検査、迅速な隔離、ハイテクを駆使した感染経路の追跡、高度な医療などにより、ウイルス抑止に関し今や世界の模範です。

真の試練はこれから

何より中国は、新型コロナウイルス発生国としての責任を免れません。今は世界が連帯すべきときなので、中国への直接的批判はさほど多くありません。しかし感染終息後、厳しい批判を浴びるはずです。

このウイルスはなぜ発生したのか。将来それを防ぐ策は十分なのか。ウイルスの危険性への認識が遅れ、初動が遅延したのは、言論統制など、体制の構造的な特質のためではないか。これらの批判や疑問に答えない限り、世界から信頼を得られず、したがって、中国の覇権奪取は確実、とは断定できません

図表入りのレポートはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ