コロナウイルスとの戦い:「自由と分断の国」である米国の場合

2020/03/31

「自由の国」の外出禁止令

新型コロナウイルスが最も流行しているのは、今や米国です(図表1)。この世界一の経済大国は、コロナショックに打ち勝てるのか。その行方は世界経済の運命を決する、と言っても過言ではありません。

ウイルス発生地の中国では、厳格な外出制限などが成功しました。問題は、「自由の国」である米国でもそのような措置が可能なのか、です。とはいえ、ニューヨーク州などで出された外出禁止令は、総じて守られている模様です(反発する人も散見されますが)。米国人の規律意識は、決して低くありません。

雇用危機の瀬戸際に

ただし、そうした措置による景気への悪影響が、鮮明に表れてきました。特に目立つのは、宿泊、飲食、小売、輸送など外出制限の影響を直接的に受ける業種で、失業する人が急激に増えていることです。

これまで米景気の拡大を支えてきたのは、良好な雇用環境と、それに伴う堅調な個人消費です。それらが悪化し続ければ、米国、ひいては世界の経済に、多大な打撃を与えます。そして、ひとたび失われた雇用が元に戻るには、相当な時間を要します。そういった事態を回避する対策が、強く求められます。

超大型の経済対策を評価

この点、3月27日に成立した対策には、高い評価を与えるべきです(実際、それに対する期待で米国株などは一旦大幅に上昇)。その規模は国内総生産(GDP)比で約10%と、過去最大の経済対策です。

内容は、企業や医療機関、家計をサポートする、包括的なものです。企業や病院に向けては、倒産や医療の混乱を最小限に抑えるため、潤沢な融資や手厚い補助金給付などを実施します。家計に関しては、所得を支えるべく、大人一人あたり最大1,200ドルの直接給付や、失業保険の拡充などが講じられます。

党派対立を越え、迅速に合意形成

注目すべきは、この経済対策の規模や内容に加え、それが迅速に成立したことです。「トランプ大統領・共和党vs民主党」の対立が日常化した米国政治ですが、本件では、危機対応が最優先とされたのです。

この対策には、航空業界などの大企業が恩恵を受けやすい、といった問題もあります。それでも迅速に成立したのは、コロナショックの場合、大企業にも直接の責任はないためです。その意味で、金融機関の責任が問われた2008年の金融危機時に比べ、今回は党派間の合意を形成しやすい、と言えます。

米国も危機時には団結

危機感が強まる中(図表2)、トランプ氏の支持率は、大統領就任以来で最高となっています。リーダーがどんな人物であれ、危機時にはその人物のもとで団結すべき、と考える人が増えているのでしょう。

米国は、行き過ぎた自由や所得格差による国民の分断で、衰退していくのが必然、と思われました。しかしこの国は、2001年の同時多発テロ時にもみられたように、窮地に陥った局面でこそ力強く立ち上がります。強力な経済対策などに支えられ、コロナウイルスとの戦いにも、必ず勝利するはずです。

 

図表入りのレポートはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ