カナダの政治経済と思想:いま注目される米国との違い

2019/10/29

苦戦の末、トルドー氏勝利

カナダは絶景などで有名ですが、人口や経済規模は日本の3分の1程度です。また、隣の超大国・米国の陰に隠れがちです。しかし、10月21日に行われた総選挙は、極めて興味深いものになりました。

選挙戦で苦戦を強いられたのが、ジャスティン・トルドー首相です。同首相が率いる中道左派の自由党は、中道右派の保守党に敗れる可能性が相当あったのです。しかし結局、自由党は多くの予想よりは健闘し、第一党の座を守りました(図表1。ただ、金融市場はあまり反応せず)。首相の続投も確実です。

「若気の至り」では済まされない

それでも、自由党は議席を減らし、過半数を失いました。よって今後、法案を通すには他党(特に、左派の新民主党)の協力を要します。自由党の苦戦は、首相の複数のスキャンダルが関係しています。

先月には、18年前のパーティーにおいて、トルドー氏がふざけて有色人種に仮装していたことが発覚しました。これにより、少数民族の権利保護を訴える同氏のリベラルでさわやかなイメージが、傷ついてしまったのです(国のトップによる過去の言動を厳しく追及する点は、カナダの健全なところですが)。

景気は米国よりも良い

それに限らず、総選挙では政策内容よりも各党首らの人格や行状に焦点が置かれ、やや醜い中傷合戦もみられました(それでも、米国の大統領選に比べれば、はるかにクリーンで落ち着いた選挙でしたが)。

とはいえ政策論争が熱気を欠いたのは、おおむね順調なカナダ経済の反映とも言えます。失業率が過去最低水準にあるなど景気は悪くないので、経済論議が盛り上がりにくいのです。実際、政策金利は据え置かれ(図表2)、年内の利下げもなさそうです(よってカナダドルは当面、対米ドルで底堅い推移か)。

「トランプ流」は論外

より根本的な健全さとして、国内の分断が比較的浅いことが挙げられます。所得格差は米国ほどではなく、また、カナダは多民族の共生国家であるべきだという共通の思想も、ほとんど揺らいでいません。

事実、カナダの人口に占める移民比率は米国以上で、トルドー首相は難民に対しても寛容です。右派である保守党も、総選挙では反移民感情をあおるようなキャンペーンは極力控えました。米国の「トランプ流」を真似た反移民のナショナリズム政党も存在しますが(人民党)、この党は見事に惨敗しました。

リベラリズム最後の砦

ただ、国内に亀裂が走るとすれば、エネルギー政策に関してです。トルドー政権は環境保護策に一層注力すると見込まれますが、カナダ経済において重要な石油産業や、それに頼る州の反発は必至です。

よってトルドー首相には、高い理想とともに地域経済にも配慮した舵取りが求められます。その成否を、西洋文明の現状を憂う人々が注目しています。米英が方向を見失った現在、多様性の尊重などリベラルな価値をしっかりと守っている点で、カナダは(ドイツなどと並び)希少な国の一つだからです。

図表入りのレポートはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会