サウジ石油施設への攻撃:本当の緊張とはどういうものか?

2019/09/24

極東よりも中東

国々の敵意と激烈な宗派争いが絡み合う中東情勢は、世界一危険なものです。それに比べると、日本のメディアなどが熱中する日韓の「緊張」などは、極東の地での単なるパフォーマンス合戦にみえます。

その中東で、世界を揺るがしかねない事件がまたもや起こりました。9月中旬、サウジアラビア(以下、サウジ)の主要な石油施設が、ドローンやミサイルを用いた何者かによる攻撃を受けたのです。サウジは世界最大の石油輸出国です。その産油能力の半分超が、攻撃で一時麻痺する事態になりました。

原油高はひとまず一服

攻撃の後、供給懸念から原油価格は一時約20%も上昇しました。とはいえ数日で落ち着き、昨年比でみると、まだかなりの低水準です(図表1)。市場があまり慌てていないのは、妥当な反応だと言えます。

というのも、サウジ、米国、日本などの石油備蓄は潤沢なので、すぐに石油不足が深刻になるわけではないからです。また今の世界は、エネルギー源の多様化などのため、以前よりは石油依存度が下がっています。原油高が世界不況をもたらした1970年代のオイルショック時とは、状況が異なるのです。

紛争拡大のリスクは?

ただし原油がさらに高騰すれば、石油輸入量の大きい中国、日本などの経済に悪影響を与えます。米国については今や大産油国ですが輸入量も依然大きく、ガソリン高による家計の負担増が懸念されます。

当面の注目点は、サウジの産油能力がいつ復旧するか、です。数週間でほぼ復旧する、とサウジはアピールしており、そのとおりだとすれば一段の原油高は限られるでしょう。しかし、地政学リスク(軍事的・政治的リスク)の見地からもっと重要なのは、さらなる攻撃や報復で紛争が広がらないか、です。

サウジとイランの直接対決の可能性は低い

サウジへの攻撃には、イランが関与した模様です(直接か間接かは不明)。イスラム教シーア派の代表格であるイランとスンニ派の盟主サウジは、イエメンなどで凄惨な代理紛争を行っている仇敵同士です。

それでも、サウジとイランが直接対決に至る可能性は低いと言えます。双方とも軍事強国であるため、戦争で失うものが大きすぎるのです。サウジもこれを望んでおらず、今回も、イランに対するサウジの非難は控えめです。むしろイランを激しく非難しているのは、軍事・経済面でサウジと親密な米国です。

イランと米国の戦争も考えにくいが・・・

もっとも米国は、イランの核開発疑惑などをめぐり、最大限の経済制裁(イランの石油輸出阻止など)をすでに実施中です。よって米国に残された手段は、イランへの軍事行動以外、ほとんどありません。

しかし米国民は厭戦(えんせん)気分なので(図表2)、米国が自ら開戦する可能性は低いでしょう。また、米国がイランを攻撃する法的根拠も薄弱です。ただ、米国が中東の安定に貢献できなくなった今、この地の緊張は解決困難です。両国民の意志さえあれば和解可能な日韓関係とは違い、これは本当の緊張なのです。

図表入りのレポートはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会