インドネシアの政治経済:ジョコウィ氏が期待される理由

2019/04/18

トルコやアルゼンチンとは全然違う

昨年、新興国の通貨(図表1)や債券、株式が一旦急落しました。しかし秋以降、特にアジアについては顕著に回復しています。ただ、アジア経済の健全さに鑑みれば、ことさら驚くことではありません。

アジア新興国市場の混乱は、トルコやアルゼンチンの通貨危機の「とばっちり」を受けたものでした。しかしインフレ率(図表2)などを踏まえると、トルコなどとアジアを同列に扱うのは相当無理がありました。米国の利上げ休止で市場が落ち着きを取り戻した今、アジアに資金が戻ってきたのは当然です。

インドネシアの弱みと強み

ただ、若干の危うさが残っているのは、経常収支や財政収支の赤字をかかえるインドネシアです。海外投資家への依存度が高い点も(例えば現地通貨建て国債の約4割を海外勢が保有)、弱点となり得ます。

とはいえインドネシアが近い将来に通貨危機に陥る可能性は、ほぼありません。同国の中央銀行は昨年、市場予想を超えて6回も利上げを行いました。通貨価値の防衛という使命を果たしたのです。高インフレにもかかわらず利上げをためらったトルコとは、政策への信頼性において大きな差があるのです。

ジョコウィ大統領が2期目に

4月17日には、インドネシアで5年に一度の大統領選や議会選が行われました。インフラ整備や規制緩和など、同国に必要な施策には健全な指導力が求められます。それだけに、選挙結果は要注目です。

特に注目される大統領選では、現職のジョコ・ウィドド氏(通称ジョコウィ)と元軍人のプラボウォ・スビアント氏の対決となりました。5年前と同じ一騎打ちです(大統領職は2期10年まで)。公式結果は5月に発表される見込みですが、出口調査などによると、ジョコウィ氏の勝利が確実とみられます。

支持の理由:人柄が信用できる

ジョコウィ氏は5年前、穏健な改革派として大統領に就任しました。謙虚・正直な人柄で、今も人気を集める人物です。その思想と政策は、「貧困の緩和」と「インフラの整備」が二本柱となっています。

インドネシアの経済成長率は5%程度が続き、目標(7%)未満です。とはいえ、主要な貿易相手国(中国、日本など)の景気停滞を踏まえれば、悪くない伸びです。また、貧富の格差を和らげる教育・医療の拡充、首都ジャカルタの悪名高い渋滞を緩和する鉄道整備などに関し、誇るべき実績をあげています。

ストロングマンの時代に

大統領選では、プラボウォ氏が勝つ可能性もわずかにありました。その場合、民主政の後退が危惧されたはずです。同氏は保守的なエリートに属し、急進的なイスラム勢力からも支持されているからです。

プラボウォ氏は減税など景気に配慮した公約も掲げているので、同氏が勝っても、市場のネガティブな反応は限定的だったと考えられます。それでも、世界中でストロングマン(独裁的な権力者)が威張り散らす今、庶民的なジョコウィ氏が勝利した方が、政治面でもインドネシアの健全さを際立たせます。

図表入りのレポートはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会