統計不正とアベノミクス:そして何も信じられなくなるのか?

2019/02/19

成長率は一応プラスだが

日本の経済統計は信用を失っています。そのため、昨年の実質国内総生産(GDP)がプラス成長を記録した(前年比0.7%。図表1)と聞いても、これをそのまま信じることは難しいかもしれません。

ただ、この率は、ある程度は信じてよいようにもみえます。政権に忖度するのであれば、もっと高くなるよう統計を操作するはずだからです。実際0.7%というのは、前政権時(平均1.9%)、現政権の当初目標(2%)、近隣諸国(韓国は昨年2.7%)のどれと比べても、数字上は「悪夢のような」低さです。

勤労統計問題には三つの論点

とはいえ、統計が信用を失ったのは当然です。最近、多くの統計に関し不正やミスが発覚しているからです。特に毎月勤労統計(厚生労働省作成)という、平均賃金などにかかわる重要統計についてです。

この問題を追及するには、性質や原因の違う三つの論点に分けるべきです。そのうち二つは、2004年以降、本来の方法とは異なる方法で賃金などが調査されていた、という不正に起因します(東京都における従業員500人以上の事業所を全て調査すべきところ、実際には約3分の1の事業所だけ抽出調査)。

なぜか昨年分だけ補正され、統計上の賃金上昇率が高めに

このため平均賃金は、本来の値(全数調査による値)よりも、低めに算出・発表されていました。500人以上の規模を有する大企業は賃金が高めですが、その一部の分しか算入されていなかったためです。

結果、平均賃金から算定・給付される雇用保険などの金額が不当に小さかった、というのが一点目です。第二は、昨年1月分から密かに補正されていたため(全数調査に近い結果となるよう処理)、昨年の賃金上昇率が高く出ていた点です(図表2-①。発覚後②へ修正)。賃金増を示したかったのでしょうか。

さらに調査対象などの変更で、賃金上昇率が不自然にアップ

もう一つの論点は、これも昨年1月、別の変更が行われた点です。調査対象となる事業所の半分が入れ替えられるとともに、大企業の比率が高められたのです(やはり賃金上昇率を高くみせたいため?)。

ただ、情勢変化に伴う入れ替えや比率変更は、不正とは言い切れません。また、変更後の数値、いわば正式値に加え、対象や比率を一定とした名目賃金上昇率も、参考値として(目立たないようにですが)公表されています(正式値より相当低め)。ところがこの参考値に基づく実質賃金上昇率は、未公表です。

圧力か忖度か単なるミスか?

もっとも、実質賃金上昇率はすぐに概算できます(簡便法として名目賃金上昇率から物価上昇率を差し引く)。こうして算出される昨年の率は、前年比でマイナス基調だったことが明らかです(図表2-③)

それが未公表なのは、政権への厚労省の忖度のためかもしれません。実質賃金(=人々の購買力)の減少は、GDP成長率の低下と並び、アベノミクスの最大の弱点だからです。このような経緯をみると、0.7%という低い成長率ですら、実態より嵩上げされているのでは?との疑惑を呼んでもやむを得ません。

図表入りのレポートはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

コラム&レポート Pick Up