勝者のセルフイメージ

2022/05/30

こんにちは、石田です。

例年と比較して
突風が吹き荒れている日が多いようです。

毎年のように気候が変化していきますね、
今年の台風シーズンに
大きな被害が出ないことを祈っておきます。

今日のコラムは

「勝者のセルフイメージ」

についてお話しさせていただきます。

スポーツイベントなどで
優勝した選手がインタビューなどで

よく

「優勝することしか考えていませんでした。」

と話しているのを聞くことがあると思います。

格闘技系の試合の時なども
選手が控室の前などで

「絶対勝つ!俺は強い!」

と、こぶしを握り締めて
気合を入れていますよね。

あれはインカンテーションの一種ですが、

どちらにしても
最終的に良い結果を手に入れるために

「勝者のセルフイメージ」

を持つことは必要です。

自分が結果を出せることを信じて疑わない、
これはどのような分野でもとても重要なことです。

投資や投機ももちろんそう、

「技術面」よりもそれを正しく遂行するために

「メンタル面の管理・コントロールが重要」

です。

投資や投機の「結果」には

「勝つか?負けるか?」

の2つしかなく、その結果をもたらす売買方向も

「買うか?売るか?」

しかありません。

つまり、
勝ち続けることができる投資家であっても、

負ける投資家とは違う
なにか特別な技術を持っているわけではなく、

「買うか?売るか?2つに1つを選択しているだけ」

です。

それを考えても、
良い結果をもたらすために

「メンタル面が占める割合が多い(重要)」

ことがわかりますよね。

勝ち続ける投資家は常に

「自分は勝ち続ける投資家だ!」

というセルフイメージを必ず持っています。

もし、

「そんなこと言っても結果が負けるんだから、
 良いセルフイメージなんて持てないよ!」

「良いセルフイメージを持ったからって
 勝てるようになるわけない!」

と感じているのなら大切な話をしておきます。

良いセルフイメージを持たない負ける投資家の場合、
どのようなことをイメージしているかというと・・・。

・また、どうせ負けるだろう・・・。
・次はどうにか勝ってほしい!
・なんてツキがないんだ・・・。

大体こんな感じに集約されると思います。

上記のような考えを常に持っていると、
残念ながら負け続けてしまいます。

私は、このような考えを持つことによって

「負けを引き寄せる!」

なんて、オカルト的なことを言うつもりは全くありません。

そうではなく、
このような「負のイメージ」を持つことによって、
絶対に行われない行動があります。

それは

「勝ち続けるためにはどうしたらよいか?」

「勝ち続けている投資家との違いをもたらす違いは何か?」

ということを自ら考えようとしないということです。

セルフイメージを抱くと脳は

「その状態を維持しよう」

という働きをします。

つまり、

「負のセルフイメージを抱くことによって、
 負け続ける状態が維持されてしまう」

のです。

一般的にセルフイメージは

「強くイメージを持つことによって、効果を表す」

と言われています。

ということは・・・。

負のイメージを強く持つことによって、
負け続けなければならないわけですから、
それが強く維持され

「勝ち続けるためにはどうしたらよいか?」

「勝ち続けている投資家との違いをもたらす違いは何か?」

を考えることから、目をそらすことにつながってしまいます。

もしもあなたが
勝ち続けるトレーダーを目指しているのであれば、
常に良いセルフイメージを持つように努めてください。

お金もかからない!
今すぐにできる!
非常に効果の高い!

おススメの方法です。

それではまた!


 

この他にも投資で勝つには知っておくべきことがあります。

それは、「負ける投資家の共通点」です。この共通点を知らないと本当は勝てていた売買も損切りで終わってしまいます。

なぜ損をする投資家がいる一方で、毎月勝ち続ける投資家がいるのか?

この疑問の答えを「負け組投資家 4つの共通点」としてまとめました。

以下のページから確認してください。

負け組投資家 4つの共通点

 

石田信一

 

 

アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
石田信一「1日10分の投資術」   アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
安定して勝ち続けるために必要な相場・トレードの本質を解説します。「トレードで勝ち続けるための原則」「資産運用主体の自由な人生の送り方」「複数の収入源構築方法」など公開していきます。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本情報に基づいて行われる判断について、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ