本を注文しました

2022/03/30

こんにちは、石田です。

さて、長い読者さんならご存知かと思いますが、
私はもう長いこと「トレード関連書籍」を一切読んでいません。

なぜ読まないのかは、

トレードで満足の行く結果を残している方なら
ご理解いただけると思いますがこれは単純に必要ないからです。

トレード関連書籍を読み続けているということはシンプルに

「満足がいく結果が出ないからインプットを続ける」

ということですね。

で、このタイトル。久しぶりにトレード関連?

残念ながら違います。

コラムの内容はトレードに関連していますが、私が注文した本は

「たった1分で人生が変わる片づけの習慣 著 者:小松 易」

です。

最初に断っておきますが、私は片付けが出来ないわけではありません。
事務所にこられたことがある方はご存知でしょうが、むしろ逆。
私は普段から片付けますし、
私の部屋はそれなりにきれいです。

今回は「読ませたい人がいるから注文した」ということですね。

それはいいとして、
この本の印象に残っているフレーズをいくつか引用させていただきますと・・・。

○「使えるかどうか」でなく「使うかどうか」が捨てる基準。
○「一気に片付ける人は、散らかるときも一気に散らかる、ダイエットのリバウンドのようなもの」

どうでしょう、何か感じませんか?
あえてもう少しだけ話をそらしますが、

私の片付けの極意は
「3ヶ月間使用してないものは捨てるか譲る」です。

これは私が

「モノが多いことで時間を無駄に使う」
「考えが散漫する」
「使わないモノがあることで新しいモノの置き場確保の時間と場所が無駄」

ということを強く実感しているために、常に片付けて無駄なものはなく、
必要なものが整理整頓されている状態がBESTという持論を持っているからです。

これは「時間管理」を学んだときに得た知識から派生した理論ですが、
「片付け」に対してとても効果を発揮していると思っています。

あなたの周りの人を見てください。
仕事が出来る人、なんらかであなたが尊敬する人の机の周りは
何がどこにあるのかわからないほど散らかっていますか?

ゼロとは言いませんが、少なからず整理整頓が出来ている人が大半ではないでしょうか・・・。

さて、少々回り道しましたがもう一度聞きます。
何か感じませんか?

はい、そうです。

これは今回の事例である

「片付け(捨てる)て整理整頓することが習慣」

「無駄を排除して一点へ集中することが習慣」

これが出来れば、
このアプローチは「トレードを成功させる!」ことへ通じる部分があることをお伝えしたかったのです。

要するに何事も真理は同じということですね。

トレードでも

「無駄なものは捨て、整理整頓されシンプルに必要なものだけに集中する習慣」

が大切なのです。

自分のトレード脳を「机」に置き換えて考えてみてください。

机の上にいくつもの「トレードスタイル」や「ルール&手法」が散らかっていて
どこに何があるかわからないような状態(どれにも腹が決まっていない状態)であれば、
目先のマーケットの動きに翻弄され、
手当たり次第それらを手にとってあれやこれやと試そうとします。

結果的にそれは連続的な損失を招くでしょう。

無駄なものを捨てる行為は
「自分の腹が決まらないルールは使わない」
ことを意味します。

そして整理整頓する行為は、腹の決まったルールを
「必要な場面で迷わずに取り出して使用する」
ことを意味します。

あなたが現在トレードで満足の行く結果が残せずに、
付けも苦手な人であったなら・・・。

「まずは片付け!」

試してみる価値はあると思いますよ。

それではまた!


 

この他にも投資で勝つには知っておくべきことがあります。

それは、「負ける投資家の共通点」です。この共通点を知らないと本当は勝てていた売買も損切りで終わってしまいます。

なぜ損をする投資家がいる一方で、毎月勝ち続ける投資家がいるのか?

この疑問の答えを「負け組投資家 4つの共通点」としてまとめました。

以下のページから確認してください。

負け組投資家 4つの共通点

 

石田信一

 

 

アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
石田信一「1日10分の投資術」   アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
安定して勝ち続けるために必要な相場・トレードの本質を解説します。「トレードで勝ち続けるための原則」「資産運用主体の自由な人生の送り方」「複数の収入源構築方法」など公開していきます。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本情報に基づいて行われる判断について、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ