物理的に無理なこと以外は達成可能

2022/01/30

こんにちは、石田です。

私の地元では
例年2月くらいの寒さが
1月に到来しました。

ということはもしかすると
今年はいつもより早く
春に突入するのかもしれません。

相場と同じで
終わってみないと分からないことですが。

さて。

これまでにもお話しする機会が
多かったと思うのですが、

私はいつも成し遂げたいことがある場合、

1:年初にGOALを設定し(長期計画の場合はその年の分)

2:年内までにどのように進めるか計画を立て

3:「想定される障害」と「万が一の障害」は十分起こりうると想定し

4:それらの障害に対して事前に準備(対応策の準備)を行い

5:計画に沿って行動できるブレーンの確約を取り

5:行動を始める。

ようにしているので、
まぁまぁの障害があったとしても

毎年、年初に立てた目標は予定通り
ほぼ確実に達成します。

年末の時点で知人や友人に

「今年はこういう目標を立てて、無事に達成した。」

みたいな結果の話をすると、、、

「ほんとに?」

「なんでいつもそんなにうまくいくの?」

など、特に

「時間軸(予定期間)の部分に対して」

反応があることが多いです。

でも、

「物理的に無理なこと以外は達成可能」

という大原則がある以上、

うまくいかない(達成できない)、予定通りに終わらない、

理由があるとすれば、

それは

「やり方に問題がある」

ということになります。

世の中には

「やると決めたら頭の中でいろいろと考えずに即行動!」

という成功法則も存在しますし、
それを否定するつもりはありません。

ただ、私の「やり方」はそれとは正反対で
直ぐには行動しません。

あくまでも私の個人的な見解ですが、

「やると決めたら頭の中でいろいろと考えずに即行動!」

これがうまくいくには、

「実行する人の基本的なポテンシャルが高い必要がある」

「過去に同じことを成功させた経験がある」

と思っています。

つまりそうではない人がこの成功法則に基づいて

「即行動」を習慣化すると、

いくつもの障害にぶつかりながらゴールへたどり着き、

「遠回りとなって予定(時間軸)通りに計画が進まない」

という結果を生み出し、

「最初の準備に時間をかけたほうが結果的に早かった」

となる場合が多くなります。

それに加え障害が起きた場面で
想定していなかったサポート費用が追加になって出費も増え
目標達成したことで得られるはずの

「最終的な利益」

が目減りし、何のためにやったかわからないようなことにな
ることもあります。

皆さんも

「目標は達成したいけど、骨折り損のくたびれ儲けになるのは嫌だ」

と考えると思います。

それなら最初に

「即行動の成功法則」

なのか

「時間がかかっても詳細な計画と障害に対する対策を事前に行う成功法則」

を状況に応じて検討することをお勧めします。

時間やお金などのリソースは無限ではありません。

大切に使って効率よく目標を達成しましょう。

それではまた!


 

この他にも投資で勝つには知っておくべきことがあります。

それは、「負ける投資家の共通点」です。この共通点を知らないと本当は勝てていた売買も損切りで終わってしまいます。

なぜ損をする投資家がいる一方で、毎月勝ち続ける投資家がいるのか?

この疑問の答えを「負け組投資家 4つの共通点」としてまとめました。

以下のページから確認してください。

負け組投資家 4つの共通点

 

石田信一

 

 

アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
石田信一「1日10分の投資術」   アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
安定して勝ち続けるために必要な相場・トレードの本質を解説します。「トレードで勝ち続けるための原則」「資産運用主体の自由な人生の送り方」「複数の収入源構築方法」など公開していきます。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本情報に基づいて行われる判断について、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ