マーケットの移り変わりに規則性は無い

2021/10/05

こんにちは、石田です。

朝は日に日に寒くなっていますが、日中は暖かく過ごしやすい日が続いています。

今日も秋晴れの気持ちよい天気で、窓を開けているとさわやかな風が部屋を通り抜けていき、心地よいです。

そんな中、ここ最近のマーケットは大荒れの模様で、

・株式や商品のロングスタンスのトレーダー
・円キャリートレーダー

は多くの撤退者が出ているようです。

実はこのような荒れるマーケットでも「売り買い両方のルールを持ち、明確なルールを守り通すことが出来る、トレードスタイルを確立したシステムトレーダー」は、ボラティリティの拡大はあれど、普段とあまり変わらないトレードライフを送っているのが現状です。

「それはどういうこと?システムトレードの方が有利だと言いたいわけ?」いえ、そういうわけではありません。

システムトレードであっても、現物株主体のトレードであれば厳しい局面ですから。

そうではなく、マーケットが高騰しようが暴落しようが、事前に「今後のマーケットの予測はできない、つまりマーケットは不確実なものである。」と定義づけてトレードを行っているのであれば、裁量トレーダーであっても現在の局面で売り買いのルールが交錯するために、特に普段とは変わらず、トレードができているはずです。

確かにシステムトレードであれば、スタイルそのものがシステマチックであるために裁量スタイルよりは予想をしないということを受け入れやすくなることは事実です。

で・・・。せっかく?マーケットが暴落しているわけですから、今日はひとつの必勝法をお話ししておきましょう。

マーケットは「極端な暴騰、極端な暴落、どちらでもマーケットからの撤退者を排出します。」

人間の心理として、マーケットがこれまでにないほどの上昇を見せれば「もういい加減に下がるだろう・・・。」と売り圧力が強まり、「さらに、予想もつかないほどの上昇を見せ、売りポジションをキャリー出来ずに撤退者を作り出します。」

暴落も同じです。

大きく下げれば、「さすがにもう上がり始めるだろう・・・。」という場面で買い圧力が強まり、さらに1段、2段と下げてポジションがキャリー出来ずに大きな損切りを出し撤退。という流れを作ります。

このような局面で撤退しないための一番簡単な方法は、先ほども出てきましたが、マーケットは不確実なものであると定義し「事前にロスカットするポイントを明確にしておき、実行する」ことです。

これさえ実行できれば、次に話す必勝法を実行し、大きなチャンスを掴むことが出来ます。

では行きましょう、今日の必勝法です。

「高値からの売りよりも、ゼロからの買いの方が絶対に有利」これを頭に入れてください。

上昇期における売りスタンスは「どこまで上がるか見当もつかない」という、資金&精神的リスクを抱えた状態で売らなければならないわけです。

実際に数年前と比べて銘柄価格の300%を超える伸びを見せる銘柄などはざらにあるわけですから、「もういい加減に下がるだろう、いや下がってほしい」という、「希望的観測で売っている」わけです。

反対に「ゼロが見えているところからの買いはどうでしょう?」

株の倒産リスクを除き、差金決済が目的の銘柄であれば「ゼロ以下は存在しない」わけですから、下がる限界が見えているところで買う行為は、資金&精神的リスクを考えても、とても有利なわけです。

だって、ゼロ以下には下がらないわけですから「大きな損切りを出さないままに、ゼロに近いところで仕込んだ買いポジは何れ宝となる」わけです。

シンプルで当たり前の話のように感じるかもしれませんが、知っていることと「実行できる」ことは全く意味合いが違います。

これを利用して利益を得ていなければ知らないことと同じです。

具体的に銘柄名を示すことはできませんが、ここ最近の暴落マーケットであれば、多くの銘柄で「ゼロが見える」のです。

ゼロが見えるというのは、ゼロまで買い続けても撤退しないトレードシナリオが書けるということを意味します。

しかし、ほとんどのトレーダーは「この大チャンス場面で買いシナリオを書けるだけの資金を残していない」のです。

これが9割のトレーダーが負け続けてしまうカラクリの一つです。

それだけに「ここ」に相場で生き残るためのヒントがあるのです。

なぜなら、ゼロから買うわけですから、特段大きな上昇を迎えなくても、ここから買えるトレーダーは確実に資産を増やします。

でも、残念なことに多くのトレーダーは買えるだけの資金がありません。

つまり、「このような場面で買えるだけの資金を残しておくにはどうすればよいのか?

これに自分流の明確な答えを持つことが出来るトレーダーが生き残る。ということです。

この答は今回のコラムに織り込んでありますので、あなたのトレードスタイルに合う形で、且つ実践で使える答えを導きだしてください。

現時点で勝ち続けるトレードスタイルを確立できていないのであれば、必ずあなたのトレードスタイルに変化が表れるはずです。

 

それではまた!

 

石田信一

 

PS. 株で資産を増やそうと思ったら、無数の方法が存在します。

しかしどんなやり方で投資しようが、この計算式を使わなければ資産を増やす事は出来ません。

◯−△=利益

◯と△についてはこの後明かしますが、たったこれだけ。

足し算も掛け算も割り算も必要ありません。

必要なのは、小学校1年生で習う引き算のみです。

資産を増やす人は意識的であれ、無意識であれ必ずこの計算式を使っています。

この『資産運用の方程式』の詳細は、以下の画像をクリックして確認してください。

クリックして詳細を見る

アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
石田信一「1日10分の投資術」   アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
安定して勝ち続けるために必要な相場・トレードの本質を解説します。「トレードで勝ち続けるための原則」「資産運用主体の自由な人生の送り方」「複数の収入源構築方法」など公開していきます。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本情報に基づいて行われる判断について、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ