必ずしも損小利大である必要はない

2021/05/31

こんにちは、石田です。

さて、質問です。

投資資金が100万円、AとB、2つの株を50万円ずつ購入しました。

その後・・・。

パターン1:
Aが60万円に値上がりし、
Bが40万円に値下がりしたので
AをそのままにしてBを損切りした。

パターン2:
Aが60万円に値上がりし、
Bが40万円に値下がりしたので
Aを利食い(利益確定決済)してBをそのままにした。

パターン3:
Aが60万円に値上がりし、
Bが40万円に値下がりしたが
特に何もしなかった。

はたして投資家として正しい行動はどのパターンでしょうか?

投資歴が浅く、「投資を始める前にしっかり投資の勉強をされた方」は、迷わず「パターン1」を選ぶでしょう。

なぜなら基本的な投資書籍には

・損をするときにはできるだけ小さく、利益が出始めたらできるだけ大きく伸ばす
・早く利益を得たいのを我慢して、損が出ているものはスパッと切る
・着実に損小利大を実行する!

「これらを実行しなければ投資では勝てないのだ!!」と記されているからです。

もちろんこれはトレンドフォローの原則に基づいた「基本中の基本」なのでパターン1を選んだあなたは正解です。

では、私の答えはというと・・・。

「パターン1、2、3、全て投資家としてありえる行動」となります。

投資の手法(戦略)は無数にあり、勝ったり負けたりしながら最終的に「純利益」を残すことができる手法であれば「必ずしも損小利大である必要はない」のです。

なぜなら「損小利大の手法であっても必ず純利益が残るわけではない」からです。

例えば、損をするときは「1」、利益を得るときは「2」の『損小利大』の手法があったとします。

先ほどの「パターン1」の行動イメージがこれに近いですね。

でもこの手法の場合、10回の勝負で考えた場合、4回以上勝たなければ純利益は残りません。

逆に損をするときは「2」、利益を得るときは「1」の『損大利小』の手法があったとします。

基本中の基本といわれる戦略とは真逆の戦略です。

先ほどの「パターン2」の行動イメージがこれに近いのですが、、、

こちらの場合、同じく10回の勝負で考えた場合に7回以上勝てば純利益は残ります。

「4回以上勝つのは簡単そうだけど、7回以上勝つのは難しそうだなぁ~」と考えるかもしれませんが、、、利益額と損失額のバランスで、「利益の割合を増やすほど勝率は下がり、損失の割合を増やすほど誰がやっても物理的に勝率は上がる」ということを知ってもらえれば納得がいくと思います。

また「パターン3」のイメージに近い長期保有型の戦略であれば、配当や優待などを加味して別の形で「純利益」を残すことがあります。

これらを踏まえたうえでの回答が「パターン1、2、3、全て投資家としてありえる行動」ということです。

少し意地悪な質問でしたかね、すいません。

最終的に「純利益」が残るのであれば、「お金を儲けるために投資をやっているという前提」がある以上、「教科書に書かれていることがすべて正解ではない」のです。

1つの枠の捉われすぎず、視野を広げることが投資の成績を改善したり、より多くの利益を上げることができることにつながると思います。

 

それではまた!

 

石田信一

 

PS.YouTubeチャンネル「投資家 石田信一」にて株式投資に役立つ情報を配信中です。

なぜビギナーズラックが有り得るのかについて話していますのでぜひご覧ください。

↓↓↓

【投資】なぜ株初心者はビギナーズラックで稼げてしまうのか?

 

あなたが投資で利益を出せていない理由が何かを、私は知っています。

それは、投資をしている人の多くが抱えている問題だからです。

このコラムを読んでいる方に、多くの人が悩んでいるこの問題を、あなたのために考えて解説した『資産運用の方程式』の動画をプレゼントいたします。

クリックして詳細を見る

アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
石田信一「1日10分の投資術」   アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
安定して勝ち続けるために必要な相場・トレードの本質を解説します。「トレードで勝ち続けるための原則」「資産運用主体の自由な人生の送り方」「複数の収入源構築方法」など公開していきます。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本情報に基づいて行われる判断について、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ