時間軸の選択と追随エントリーのタイミング

2021/05/13

こんにちは、石田です。

さて、トレードの学習に対してそれなりに費用をかけ、真面目に取り組んでいるように見えてもなかなか成果が出ない方を時々見かけます。

理由はいくつかあるのですが、今日はその中からあまり語られることのない重要なポイントについてお話ししておきたいと思います。

「こういうことをやってはダメです!」ということはやらないようにしているのに成果が上がらない。

という場合はおそらくこの重要なポイントが原因と思われます。

その重要なポイントとはズバリ、「時間軸の選択と追随エントリーのタイミング」です。

たぶんこれだけ聞いても意味が分からないでしょうから解説を加えます。

まず「時間軸の選択」についてですが・・・。

これは「どの時間足サイズを使ってトレードするのか?」に加えて「どの時間帯にどの程度トレードに時間を使えるのか?」という話です。

多くのトレード教材著者は「専業トレーダーである」ということを意識してください。

あなたがすでに「専業」であれば時間軸の第一条件はクリアしていますが、「お勤め(兼業)」しているようであればすでにここで教材著者との条件が違います。

また、仮に時間に余裕があったとしても教材著者がトレードや分析に時間を使っている、同じ時間帯に時間を使えるのかどうか?

仮に時間に余裕があっても環境面からくる時間軸問題(独身なのか、家族やパートナーに時間をコントロールされていないか)もポイントになります。

株であれば「寄付」や「引け」のタイミングであったり、為替であれば「欧州への切り替わり」のタイミングであったり、、、

もちろん「手法」にもよりますが、自分が学習している教材の著者が「利益を上げるために重要と位置付けている時間帯にトレードしたり分析できているか?」がポイントになるということです。

教材の著者と条件が異なるようであれば「自分のライフスタイルでも著者と同じような成果が得られるようにトレード手法を自分スタイルにカスタマイズしなければならないのは必然」なのです。

時間足のサイズとか、トレードの分析タイミング、それらに割く時間。

ここに取り組まなければ理由がわからないままに「なぜ自分は成果が上がらないのだろう?」というストレスがきっかけとなってトレードスタイル全般が崩れてしまいます。

「追随エントリーのタイミング」についても解説しておきます。

トレードは勝って「利益」を得て、負けて「損失」を吐き出した結果、最終的に手元に利益が残ります。

つまり、「勝ちトレードと負けトレードの実行はセットである」ということです。

教材著者は「勝ちと負けをセットで実行できている」ということであり、これは「負ける場面も勝つ場面も必要な場面で必ずエントリーしている」ということを意味しています。

紙面の都合上、詳細は割愛しますが、「負ける場面と勝てる場面には流れがあり、その時間軸の流れは繋がっている」と解釈してください。

教材で示されたポイントでエントリーして「損切」し、「そのまま別の事(食事・風呂・外出)」をし始め、その次に訪れた「勝てるポイントでのエントリー」を逃す。

これは「勝ちと負けがセットで実行できていない典型的なパターン」です。

これも先ほどと同じように教材の著者と条件が異なるようであれば「自分のライフスタイルでも著者と同じような成果が得られるようにトレード手法を自分スタイルにカスタマイズしなければならないのは必然」ということです。

トレードで思うような成果が出ない場合は参考にしてみてください。

 


 

この他にも投資で勝つには知っておくべきことがあります。

それは、「負ける投資家の共通点」です。この共通点を知らないと本当は勝てていた売買も損切りで終わってしまいます。

なぜ損をする投資家がいる一方で、毎月勝ち続ける投資家がいるのか?

この疑問の答えを「負け組投資家 4つの共通点」としてまとめました。

以下のページから確認してください。

負け組投資家 4つの共通点

 

石田信一

 

 

アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
石田信一「1日10分の投資術」   アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
安定して勝ち続けるために必要な相場・トレードの本質を解説します。「トレードで勝ち続けるための原則」「資産運用主体の自由な人生の送り方」「複数の収入源構築方法」など公開していきます。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本情報に基づいて行われる判断について、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ