老後年金だけで生活するのは厳しい

2021/05/09

こんにちは、石田です。

さて、TVなどでも取り上げられているようですが「年金問題」かなり深刻です。

さすがにここまできて「老後は年金があるから大丈夫!」と思っている方は少ないと思いますが、、、

40代以下の方は特にそうですが、老後年金だけで生活するのは厳しいでしょうね。

まだ間に合いますので今のうちから対策すべきだと思います。

ただ、相場系の投資だけでそれを賄おうとする考えは危険です。

マーケットは不確実な存在なので「必要な場面で必ず利益をもたらしてくれるわけではない」からです。

こちらがどう願おうとマーケットは一切のコントロールが効かないので当たり前といえば当たり前ですが。

しかしマーケットで「稼ぐことのできるスキルがある」というのは武器になります。

あくまでも時間軸のコントロールができないだけ(今日利益が欲しくてもそれは無理だが、日時の制限をかけなければ利益を得ることは可能)であって、「いついつまでにいくら。」という制約がなければ、生活資金の足しになるのは事実です。

老後資金を稼ぐのに、今後「収入源をポートフォリオ化するのはマスト」なので、その一つとして相場系の投資を学ぶのは良いことだと思います。

相場系の投資と比較して時間軸がコントロールしやすいのは相場系の投資ではない「不動産」のような別の投資か、「ビジネス」だと思います。

いつもは相場系の投資の話をすることが多いので今日は「ビジネス」の話をしておきますね。

老後の収入源の一つとして、「起業してみようかな」と考えている方にとっては役立つ部分があると思います。

これまで自ら数多くのビジネスを手掛けてきましたし、コンサルとして他人のビジネスにもかかわってきましたがその中で分かっていることは短期間で大きい利益を得るためには一つのコツがある。ということです。

そのコツを一言で表すなら「時流を利用する」となります。

もちろん、基本的なビジネススキルをマスターすれば「どのビジネスを手掛けてもそれなりに成功する」のですが、そのスキルを持ったうえで「時流を利用する」と、本来ビジネスから得られるはずの利益に「+αの利益が加わる」のです。

その結果、「短期間で大きい利益を得ることができる」ということです。

その時代時代で経済を動かすほどの「大きな波」が必ずあります。

私の過去の事例はもろもろ制約があってここでは詳しく書けないのですが、この10~15年でいうと「インターネット」等はそうでしたね。

インターネットが普及したことによってビジネスの形が大きく変化しました。

この流れに乗ってビジネスを成功させて方が大勢いるのは説明するまでもないでしょう。

では今後起業するとして、インターネットの普及ほどインパクトがある時流があるかというと・・・。

実は形や大きさにこだわらなければ意外とたくさんあるのです。

見つけるコツとしては「話題になっていること、なりつつあることで、サービスが行き届いていない分野に着目する」ことです。

例えば高齢化社会で必要となるサービス。

話題になり始めてから久しいですがまだまだ満たされていない部分が多いですよね。

高齢者が賃貸を探しても孤独死などを理由に断られる事例が多く問題は深刻化しています。

ここに着目すれば新たなビジネスがあるかもしれません。

この4~5年であればなんといっても自然災害でしょう。

この分野は完全に手つかずで、必要とされるサービスは山ほど眠っています。

もしこれから起業しようと考えているのであれば、ビジネススキルを学ぶのも良いですが、今日お話ししたような視点を持つことも重要だと思います。

 


 

この他にも投資で勝つには知っておくべきことがあります。

それは、「負ける投資家の共通点」です。この共通点を知らないと本当は勝てていた売買も損切りで終わってしまいます。

なぜ損をする投資家がいる一方で、毎月勝ち続ける投資家がいるのか?

この疑問の答えを「負け組投資家 4つの共通点」としてまとめました。

以下のページから確認してください。

負け組投資家 4つの共通点

 

石田信一

 

 

アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
石田信一「1日10分の投資術」   アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
安定して勝ち続けるために必要な相場・トレードの本質を解説します。「トレードで勝ち続けるための原則」「資産運用主体の自由な人生の送り方」「複数の収入源構築方法」など公開していきます。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本情報に基づいて行われる判断について、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ