暴騰or暴落をチャンスに変える(後編)

2021/05/01

こんにちは、石田です。

さてさて、今回は暴騰or暴落をチャンスに変える(後編)です。

「めったにない。と思われているだけの暴騰or暴落」を「暴騰or暴落はたまにあるもの。と想定内にしておく事」ができれば、これが「定期的に訪れるボーナスチャンス!」となります。

前回のコラムを見ていない方、内容が気になる方は暴騰or暴落をチャンスに変える(前編)を遡ってご確認ください。

それでは、紙面の都合もありますので、「暴騰暴落を想定内としチャンスに変えるための具体的な取り組み」について早速書いていきたいと思います。

まずは「前編で定義した暴騰」をチャンスに変えてモノにする(儲ける)ための3ステップです。

前提条件として、「通常通りトレードしていて今回の上昇局面でそこそこ利益が出ている」としておきます。

これは前編でも書いたように最初は通常の上昇トレンドが発生していて、途中から「さすがに下がるだろう」と、皆が思っているにもかかわらず下がらないまま上昇し続ける状態の暴騰なので、その時点までに「取りやすい上昇トレンドでそこそこ利益が出ているはずだから」です。

1:今回の上昇でその時点までに得た利益の3分の1位は無くなっても良い。と「事前に」腹を決める

2:「そろそろ下がるかもしれない」という予測は一切せずに自らのトレンド定義が上昇を示している間は迷わず「積極的に」買い進める(売ることは一切考えない)

3:損切場面が増え、今回の上昇局面で稼いだ利益の3分の1くらい無くなったら通常のトレードスタイルへ戻す

このような流れになります。

この取り組みを一言で解説するなら「暴騰を狙ってとらえるために、普段の攻め方(トレードの仕方)に一時的な偏りを作る」ということになります。

補足として、ポジションボリュームは「通常であろうが全力買いであろうがどちらでもよい」です。

今回の決め(ルール)には、「稼いだ利益の3分の1がなくなったら停止する」というリスク管理の条件が付いているので、どちらを選択しても結果は変わりません。

通常のポジションでやっていれば数度の「下落転換ダマシ」は乗り越えられますが、それまでの利益は少ないですし、全力買いであれば、ダマシにも引っかかりやすい反面、それまでに大きく稼いでいることになりますので、どちらを選択してもメリット・デメリットはある。ということです。

次に「前編で定義した暴落」をチャンスに変えてモノにする(儲ける)ための取り組みですが、、、こちらは稼ぎ方が2パターンあります。

一つ目は上記「暴騰の3ステップ」を「売りスタンスでそのままひっくり返して取り組む」ということ。

これは通常のトレードに少し意識的な偏りを作り、下落で売りまくって利益を増やすという取り組みです。

そしてもう一つのパターン、これは普段私が取り組むやり方で、「暴落後の上昇を利用する」方法です。

前編で説明した暴落時の投資家の傾向の中にローレバで買いスタンスの投資家は●●●●という伏字の項目があったのを覚えていますか?

伏字の部分を解読するとローレバで買いスタンスの投資家はここぞとばかりに資金を突っ込むとなります。

まさにこれが「手間をかけずに楽に大きく儲かる究極の方法」なんですが、私の考え方と合わせて解説しますと・・・。

暴騰暴落を想定内とする。というのは、いつ何時それが起きてもおかしくない。と当たり前に思っていることであって、それを「楽にとらえるための準備」としては、「普段から無駄にレバレッジを上げない」ようにして、定期的に起こる暴落場面で「大量の資金を突っ込める状態を維持しておくこと」です。

実際に暴落が起き、多くの市場参加者が悲観している最中、「いずれ一定ラインまで持ち直す場面を想定して数度に分けて大量に買い仕込む」ことで、「下げ始めた場面まで戻らなくてもかなりの利益を手にすることができる」のです。

しかも「全く手間をかけずに」です。

もちろん最初のパターンのように暴落に乗じて、強気で売り進めるのはアリですが、専業ではない(仕事をしている)トレーダーも多いですし、私のように普段やりたいことが山ほどある場合、つきっきりで売り込むのは物理的にも努力が必要です。

トレードだけに縛られたくない方は参考にしてみてください。

 

それではまた!

 

石田信一

 

PS.YouTubeチャンネル「投資家 石田信一」にて株式投資に役立つ情報を配信中です。

たまに起こる暴落、暴騰で初心者がなぜ稼げてしまうのかについて話していますのでぜひご覧ください。

↓↓↓

【投資】なぜ株初心者はビギナーズラックで稼げてしまうのか?

アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
石田信一「1日10分の投資術」   アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
安定して勝ち続けるために必要な相場・トレードの本質を解説します。「トレードで勝ち続けるための原則」「資産運用主体の自由な人生の送り方」「複数の収入源構築方法」など公開していきます。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本情報に基づいて行われる判断について、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ