暴騰or暴落をチャンスに変える(前編)

2021/04/29

こんにちは、石田です。

さて、私たちが日々チェックしているマーケットでも「50年に1度の・・・。100年に1度の・・・。」とか、よく聞きますよね。

私は今年で相場歴が30年以上になりますがやはりこの間に「50年に1度の・・・。100年に1度の・・・。」とか何度も聞いています(笑)

つまり、ニュースで報じられ、アナリストが大騒ぎして市場が混乱しているように見える暴騰or暴落は「定期的に起こっている」ということです。

であれば、、、この「めったにない。と思われているだけの暴騰or暴落」を「暴騰or暴落はたまにあるもの。と想定内にしておく事」ができれば、これが「定期的に訪れるボーナスチャンス!」となるわけです。

あなたにとって暴騰or暴落は、不安、恐怖、落胆をもたらすものではなく、「普段得られないような大きな利益をもたらすもの」なのです。

では、どうすればこの「たまに現れる暴騰or暴落」をチャンスに変えることができるのでしょうか?

その為にはまず、暴騰or暴落の「それぞれの動き方の傾向(癖)」と「市場における投資家の傾向(癖)」を理解しておく必要があります。

一口で暴騰or暴落と言っても明確な定義はないので、ここで対象となる暴騰or暴落のイメージを定義しながら説明していきます。

<暴騰>

短期的な急上昇は銘柄ごとに頻繁にありますが、そのレベルの上昇の話ではなく、出現のイメージとしては5~10年に1回現れる程度の上昇で、大きな時間足レベルでの明確な押し目もないままにだらだらと上昇し、「さすがにそろそろ下がるだろう」と、誰もが思っているのになかなか下がらずにさらに上昇する。

こんな感じです。

この時の投資家の傾向としては

・投資歴が浅い人ほどそこそこ儲かり

・普段の相場で利益を積み上げている人が稼げなくなる

・一部のカウンター勝負師(売り上がり)が大損

となり、全体でみると「大損している人はあまり多くなく、むしろ儲け損なっている人が多い」という状態になります。

<暴落>

こちらも暴騰同様、5~10年に一度出現するイメージです。

但しこちらは足が速く、大きな幅を短期間で一気に急落し、大量の損切を巻き込んでいったんは下げ止まるものの、「落ち着いたところでもう一段下げたあと」「その後なかなか回復しない」こんな感じです。

この時の投資家の傾向としては

・ハイレバで買いすぎスタンスの投資家が大損し

・一部のこなれた投資家が何度も売り直して短期間で一気に儲け

・現物株の長期保有スタンスの投資家はガチガチの塩漬け状態となり

・ローレバで買いスタンスの投資家は●●●●

となり、全体でみると「大損してマーケットからの撤退者が相次ぎ、市場参加者も減る」「どんよりとして全体的に活気がない」という状態になります。

 

後編に続く・・・。

 


 

この他にも投資で勝つには知っておくべきことがあります。

それは、「負ける投資家の共通点」です。この共通点を知らないと本当は勝てていた売買も損切りで終わってしまいます。

なぜ損をする投資家がいる一方で、毎月勝ち続ける投資家がいるのか?

この疑問の答えを「負け組投資家 4つの共通点」としてまとめました。

以下のページから確認してください。

負け組投資家 4つの共通点

 

石田信一

 

 

アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
石田信一「1日10分の投資術」   アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
安定して勝ち続けるために必要な相場・トレードの本質を解説します。「トレードで勝ち続けるための原則」「資産運用主体の自由な人生の送り方」「複数の収入源構築方法」など公開していきます。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本情報に基づいて行われる判断について、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ