時間管理の問題点

2021/04/05

こんにちは、石田です。

さて、今日は「時間管理」について書いておこうと思います。

もしかするとあなた自身が当てはまる場合もあるかもしれませんが・・・。

周りを見渡した時に、いつも「忙しい」とか「時間がない」と大騒ぎしている人はいませんか?

ポイントになる部分は「いつも」です。

常にこのワードを使っている場合、多くの場合、「実際には時間はある」のです。

ただ、管理orコントロールがうまくできていないか、「やり方を知らないだけ」もしくは「周りに自分は忙しい。と思わせなければ都合が悪い人」です。

確かに「一般と比較して、物理的に本当に時間が足りず、どう頑張っても時間を作ることができない人」は存在します。

でも、膨大なコーチングクライアントさんのデータから見ても比率的には1%程度の話でほとんどの場合、、、

・時間管理がうまくできていない

・周りに忙しいと思わせたい何らかの理由がある

だけで、そのような部分が改善されれば時間を作ることは十分できます。

ただ、後者については「全く違う問題」なので無視して、今日は前者を対象にして話を進めていきます。

では、どのようにして「時間管理術」を学べばよいのでしょうか?

時間管理について書かれている書籍等から基本的なことは学ぶことはできますが、この場合だとその書籍の著者との「ライフスタイル・生活環境の違い」から、応用を利かせないといけない部分が多く、実際には改善されないまま「時間管理を学んだという知的好奇心が満たされるだけ」で、終わってしまう場合が多いです。

そうではなく、もっと確実に改善案が見つかる方法があります。

結論から言うと、「ある下準備をして、普段から『時間がないと言わない人』にフィードバックをもらう」という方法です。

では、その下準備について説明します。

まずは時間軸の入ったスケジュール帳を用意して、そのスケジュール帳の予定を書き込む概要覧を

1:縦にラインを引いて2分割し、

2:左側に本日の予定を記入(通常通り使用する部分を確保)し、

3:「右側には実際に行ったこと(その時間に何をしていたのか)を詳細に記入」します。

通常のタスク管理ではなく、日記のようなイメージで後から記入します。

大切なポイントは「朝起きてから寝るまでの間の通常ではスケジュール帳に記入しない、通勤時間や雑談をした時間、メールチェックした時間やネットサーフィンした時間を分刻みで詳細に記入すること」です。

「えー面倒くさい!!」と感じると思いますが、実際にやるのは1~2日だけでOKなので、そこは我慢してやってください。

で・・・。

数多くのクライアントさんを見てきた過去の経験からわかることは、1~2日間、実際に行ったことを記入し終わった時点で「すでに自分で問題点に気付く場合がほとんど」です。

問題点というのは不必要(無駄)な時間や効率の悪い部分などですがあえて詳細まで答えは言いません(笑)

実際にやってみて頂ければ、「自分自身が最も問題点がわかるはず」です。

というか、このコラムを読みながら「耳が痛い」と感じていた方ならほぼ確実にこの時点で問題点はわかります。

問題点がわかればそれを改善するだけですが、その時点で問題点が見えない場合や、わかっていてもどう改善するかわからない場合は・・・。

次のセリフを一語一句間違えずにそのまま、普段「時間がないと言わない人」に伝え、スケジュール帳に記入した行動内容を確認してもらいます。

=====

〇〇さんを見ていると、とても時間管理能力が高いことがわかります。

その部分について普段からとても尊敬しています。

私は時間管理が不得意で、少しでも〇〇さんのようにうまく時間が使えるようになりたいので、アドバイスいただけないでしょうか?

私は普段このように時間を使っています。(スケジュール帳を差し出す)

=====

後は頂いたアドバイスを活かして時間管理術を実践するだけです。

最後に・・・。

長くなりましたので詳細は割愛しますが、1日1時間確保できるだけで中長期で見れば十分価値のある「スキル」を身に着けることができます。

そのスキルが生涯かけて生み出す「純利益」はとても大きなものになりますので、時間管理に取り組むことは無駄ではありません。

 

それではまた!

 

石田信一

 

PS.時間の使い方もそうですが目標を設定して行動することが大事です。

こちらの動画で目標設定について話していますのでぜひご覧ください。

↓↓↓

【計画術】確実に目標達成するための計画の立て方

アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
石田信一「1日10分の投資術」   アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
安定して勝ち続けるために必要な相場・トレードの本質を解説します。「トレードで勝ち続けるための原則」「資産運用主体の自由な人生の送り方」「複数の収入源構築方法」など公開していきます。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本情報に基づいて行われる判断について、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ